「ブレア・ウィッチ」 

170963_1.jpg
公式サイト
TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ、公開初日初回、スクリーン2 (178席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(本国での評価は低いようですが、自分的は面白かったです!「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の正当な続編とのことですが、なるほど、オリジナルから20年を経た物語をきちんと引継ぎ、ラストの謎にもちょっぴり迫ります。POV映画ならではのカメラのブレや臨場感はオリジナルを上回る程だけれど、不思議とカメラ酔いや気分の悪さはありません。それだけ見せる映像が格段に進歩したのでしょう。ああいう場面になったらホント怖いなあと自分もスクリーンの中に居て一緒に慄きました。)

13:20開始、1時間前に到着。
入場者数は5割程度。
男性一人者、カップルが多かったです。

「ブルーに生まれついて」 

169980_1.jpg   169980_3.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開4日目初回、シアター9 (120席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(これは良かったです。イーサン・ホークが素晴らしい。イーサンの演奏や歌もしっくりきて、破滅的な生き方を繊細に演じているところが何より切なくヒリヒリと伝わって来ます。事実と虚構(恋人は存在せずフィクションだそう)を織り交ぜながらも、特に違和感なくすんなり受け入れられます。これはイーサンとジェーンを演じたカーメン・イジョゴ、そしてドラマ性の部分も優れているからでしょう。チェット・ベイカーのアルバム、お取り寄せしたいと思います!)


10:25開始、30分前に到着。
入場者数は5割程度。
一人者多し。

今週の新作 11/26 - 12/01 

風邪を引いて寝込んでいました。
↓は市川市の銀杏並木。
kouen14.jpg

続きを読む

「ガール・オン・ザ・トレイン」 

170268_1.jpg
公式サイト
TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ、公開4日目初回、スクリーン2 (178席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(重く陰鬱、しかしぐいぐいと引き込まれる、謎解きの要素もあるミステリー。いろいろな意味で見応えのある映画でした。特にエミリー・ブラント、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・ベネット女優三人の競演は見る価値があるものでキャスト選びも良し。エミリー・ブラントのやつれっぷりが凄いです。自分のパートナーや生き方についての物語でもあります。それにしても一番に思うのはアルコール依存症はダメだ、ということだ。)

13:50開始、30分前に到着。
入場者数は4割程度。
平日なのに結構人手多しで驚きました。

今週の新作 11/19 - 11/23 - 11/25 

今週は上映作品が多いですね。
↓は先日行った合羽橋にある隠れ家なカフェ「合羽橋珈琲」
mise3.jpg

続きを読む

「男と女」〈製作50周年記念デジタルリマスター版〉 同時上映「ランデヴー」 

170208_1.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開1ヵ月目初回、シアター8 (120席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(ダバダバダ~♪のメロディであまりにも有名なクロード・ルルーシュ監督の出世作。50年の時を経ても今尚色あせない珠玉のラブ・ストーリー。一つ一つのシーンが心に残ります。実は観る前はもっと濃厚なベッドシーンばかりの映画かと思っていたので、良い意味で予想を裏切られました。レースのシーンが多くかつてレース好きだった自分には嬉しい限り。同時上映は、短編「ランデヴー」という、一台の車が夜明けのパリの街をアクセル全開でひたすら走り抜けるワンテイク・8分48秒のドキュメンタリー映画。疾走感にあふれた映像は期待に満ちた高揚感が伝わって来ます。「男と女」の前に上映してくれるなんてなんて粋な計らいなんでしょう!)

10:35開始、30分前に到着。
入場者数は5-6割程度。
レディースデイということもあり人出多しでした。

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」 

169093_1.jpg   169093_2.jpg
公式サイト
イオンシネマ市川妙典、公開4日目初回、スクリーン2 (279席)

**********************************************************************

評価:★★★☆
(安心して観れるシリーズです。オーソドックスな展開で凡庸な仕上がり、最後も何となく予想は付くものの、途中はやっぱりハラハラするしそれなりに楽しめました。これはやっぱりトムちんの魅力あってこそでしょう。欲を言えば黒幕ボスがもう少し華がある人だったら良かったかな。)

09:20開始、20分前に到着。
入場者数は4割程度。
月曜サービスデーということもあり9時台なのに人がわんさか。