「ザ・スクエア 思いやりの聖域」 

174974_1.jpg  174974_2.jpg
公式サイト
イオンシネマ市川妙典、初公開日2018/04/28、スクリーン8 (249席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(居心地の悪い不安感に覆われ、黒い笑いに満ちた作品。そこには痛烈な皮肉と鋭い風刺があります。現代美術館で展示される「ザ・スクエア」と名付けられ企画は“思いやりと平等さ”を説いたもの。しかし開催者であるキュレーターは、自分のエゴのせいでどんどん窮地に陥って行く。何とも皮肉な展開。映画の至る所に不快にさせるシーンがあり。延々と同じシーンが続くのは不快感を煽る為か。もう少し短くしても良かったかも。)

11:35開始、15分前に到着。
入場者数は自分を入れて3人。
観たかった作品、遅れてですが家の近くで上映になり良かったです。

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」 

174584_1.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、初公開日2018/03/03、シアター4 (314席)

**********************************************************************

評価:★★★★ ~ ★★★★☆
(良い映画でした。実在した画家と夫の夫婦の愛の物語。夫は無骨な態度で振る舞う中にも実は奥底には妻への深い愛情があり、妻もまた夫への愛と前向きさがある。慎ましく暮らす二人は、厳しい生活の中にもユーモアと優しさに包まれ、そこには愛が溢れている。サリー・ホーキンスの演技がもう素晴らしく、リウマチに冒されて不自由な身体なのに何処か可愛らしい少女のような雰囲気があります。夫役のイーサン・ホークも次第に心を開いて行く様に胸がキュンと来ました。)

11:00開始、30分前に到着。
入場者数は2-3割程度。
一番大きな劇場での上映です。

「シェイプ・オブ・ウォーター」 

172277_1.jpg  172277_2.jpg
公式サイト
イオンシネマ市川妙典、初公開日2018/03/01、スクリーン9 (182席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(評判通り良かったです!異形異種である半魚人との恋愛をベースに、社会的弱者に対する強烈なメッセージがあります。時は米ソ冷戦下、クラシックで不気味な研究所やアパートメント、劇場など、美しくも幻想的で妖しげな映像に見入り、サリー・ホーキンスにマイケル・シャノンの名演に魅了されました。)

15:05開始、30分前に到着。
入場者数は2割程度。
今日は久々にハシゴでした。

「スリー・ビルボード」 

174042_1.jpg  174042_2.jpg
公式サイト
USシネマ木更津、初公開日2018/02/01、シネマ9 (128席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(田舎道の3枚の立て看板。そのシチュエーションだけで既に心を奪われるものがあります。3枚の看板によって意外な方向に転がって行く物語。意図せぬ出来事が次々と起こり、それぞれの人間の善と負の感情が浮き上がって行く。ぶれないミルドレッド・ヘイズ(フランシス・マクドーマンド)の存在感!スリムな体系をだらしなくしたサム・ロックウェルも素晴らしい。脚本、演出、俳優陣と見事な一本です。)

すで13:55開始、1時間前に到着。
入場者数は3割程度。

今日は所用のついでに木更津で観て来ました。
初めての劇場です。

「ザ・リング/リバース」 

171991_1.jpg
公式サイト
TOHOシネマズ六本木ヒルズ、初公開日2018/01/26、スクリーン6(126席)

**********************************************************************

評価:★★★
(オリジナルに敬意を表してそれなりに無難にハリウッド版に作り上げた作品。普通に面白いです。ただ、謎解きに忙しくホラーの部分はおざなりになった感じ。もう少しじめっとした怖さがあると良かったです。)

14:10開始、1時間前に到着。
入場者数は10人程度。

久しぶりの六本木ヒルズです。

「ジオストーム」 

169534_1.jpg
公式サイト
イオンシネマ市川妙典、初公開日2018/01/19、スクリーン2 (279席)

**********************************************************************

評価:★★★☆
(壮大で荒唐無稽なディザスター映画。馬鹿馬鹿しさを楽しみたい。主演にジェラルド・バトラー、脇を固めるのはエド・ハリス、アンディ・ガルシアなどベテランを配しなかなか良いキャスト。自然災害、宇宙モノのSF、アクション、カーチェイス、政治的なサスペンス、そして兄弟愛。猫やワンコも登場し、動物好きのキモも押さえている。いろいろな流行りの要素を取り入れ欲張りな程、盛りだくさんの内容です。疑問ツッコミは考えません…!)

18:30開始、1時間30分前に到着。
入場者数は3-4割程度。
夜の回でも人多しでした。

「ザ・バトル ネイビーシールズVSミュータント」【未体験ゾーンの映画たち2018】 

cover03.jpg
公式サイト
ヒューマントラストシネマ渋谷、初公開日2018/01/07、シアター2 (173席)

**********************************************************************

評価:★★★☆
(いろいろなホラーの定番要素を取り入れ(キャンプ、カップルいちゃいちゃ、クリーチャーになった子孫たち、米国の閉鎖的な田舎、、etc)、そこに元ネイビーシールズが孤軍奮闘するお話。少々もっさり感は否めませんが、グロシーン多く、まるっとB級テイストで包んでなかなかの味わい。元ネイビーシールズの漢の繰り出す技は重いパワーで敵をバッタバッタとなぎ倒します!)

10:50開始、1時間前に到着。
入場者数は自分を入れて3人。

今日は二本ハシゴです。
同じ劇場です♪
水曜サービスデーなので昼からは人がフロアに一杯!