「スリー・ビルボード」 

174042_1.jpg  174042_2.jpg
公式サイト
USシネマ木更津、初公開日2018/02/01、シネマ9 (128席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(田舎道の3枚の立て看板。そのシチュエーションだけで既に心を奪われるものがあります。3枚の看板によって意外な方向に転がって行く物語。意図せぬ出来事が次々と起こり、それぞれの人間の善と負の感情が浮き上がって行く。ぶれないミルドレッド・ヘイズ(フランシス・マクドーマンド)の存在感!スリムな体系をだらしなくしたサム・ロックウェルも素晴らしい。脚本、演出、俳優陣と見事な一本です。)

すで13:55開始、1時間前に到着。
入場者数は3割程度。

今日は所用のついでに木更津で観て来ました。
初めての劇場です。

「ザ・リング/リバース」 

171991_1.jpg
公式サイト
TOHOシネマズ六本木ヒルズ、初公開日2018/01/26、スクリーン6(126席)

**********************************************************************

評価:★★★
(オリジナルに敬意を表してそれなりに無難にハリウッド版に作り上げた作品。普通に面白いです。ただ、謎解きに忙しくホラーの部分はおざなりになった感じ。もう少しじめっとした怖さがあると良かったです。)

14:10開始、1時間前に到着。
入場者数は10人程度。

久しぶりの六本木ヒルズです。

「ジオストーム」 

169534_1.jpg
公式サイト
イオンシネマ市川妙典、初公開日2018/01/19、スクリーン2 (279席)

**********************************************************************

評価:★★★☆
(壮大で荒唐無稽なディザスター映画。馬鹿馬鹿しさを楽しみたい。主演にジェラルド・バトラー、脇を固めるのはエド・ハリス、アンディ・ガルシアなどベテランを配しなかなか良いキャスト。自然災害、宇宙モノのSF、アクション、カーチェイス、政治的なサスペンス、そして兄弟愛。猫やワンコも登場し、動物好きのキモも押さえている。いろいろな流行りの要素を取り入れ欲張りな程、盛りだくさんの内容です。疑問ツッコミは考えません…!)

18:30開始、1時間30分前に到着。
入場者数は3-4割程度。
夜の回でも人多しでした。

「ザ・バトル ネイビーシールズVSミュータント」【未体験ゾーンの映画たち2018】 

cover03.jpg
公式サイト
ヒューマントラストシネマ渋谷、初公開日2018/01/07、シアター2 (173席)

**********************************************************************

評価:★★★☆
(いろいろなホラーの定番要素を取り入れ(キャンプ、カップルいちゃいちゃ、クリーチャーになった子孫たち、米国の閉鎖的な田舎、、etc)、そこに元ネイビーシールズが孤軍奮闘するお話。少々もっさり感は否めませんが、グロシーン多く、まるっとB級テイストで包んでなかなかの味わい。元ネイビーシールズの漢の繰り出す技は重いパワーで敵をバッタバッタとなぎ倒します!)

10:50開始、1時間前に到着。
入場者数は自分を入れて3人。

今日は二本ハシゴです。
同じ劇場です♪
水曜サービスデーなので昼からは人がフロアに一杯!

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」 2D字幕版 

168787_1.jpg  168787_2.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、初公開日2017/12/15、シアター5 (314席)

**********************************************************************

評価:★★★☆ ~ ★★★★
(やっぱりSWは面白い。何だかんだ言って大満足でとにかく楽しめる。でもでも、「それでいいのか?」や「ちょっと違うんじゃねえの?」なところはあったりする。うーん、いろいろな思いが交錯して複雑な心境になったり…。ビジュアル面では、惑星クレイトでの戦いで、氷に覆われた地表の下の赤い塩が爆発で飛び散るシーン(まるで鮮血のよう!)がとても印象に残りました。)

14:30開始、30分前に到着。
入場者数は3-4割程度。
一番大きな劇場での上映です。
年が明けてもまだまだ盛況です!

「ジグソウ:ソウ・レガシー」 

173654_1.jpg
公式サイト
シネプレックス幕張、初公開日2017/11/10、スクリーン6 (212席)

**********************************************************************

評価:★★★☆
(本シリーズは7作目にて完結しましたが、新たに仕切り直して再出発です。正直言って「ソウ」シリーズも終盤は今一つだったので本作もあまり期待はしていませんでした。感想は「意外と良いね!」でした。思わずサプライズがあったり、一番の良さは物語の構成です。これには唸らせられました。今回はシンプルな仕掛けで残酷描写は今までより控えめ(と言っても普通の人にはキツイですが…)それが返って初心に戻ってスタートラインに立ったように思えました。自分的には及第点をあげたいです。)

14:10開始、1時間前に到着。
入場者数は2割程度。
3番目に小さな劇場での上映です。
殆ど男性でした。

「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」 

169457_1.jpg  169457_4.jpg
公式サイト
TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ、公開2週目初回、スクリーン4 (266席)

**********************************************************************

評価:★★★☆
(普通に面白かったです。普通というのがミソで、特に印象に残るところも無いけど、スコーンと外している訳でも無く、観ている間はそこそこ楽しめました。しかし、いろいろな素要を詰め込み過ぎたかな…?「ダーク・ユニバース」に繋げる為にラッセル・クロウの出演が多くなったのだろうけど、かえって散漫になってしまった。)

11:00開始、30分前に到着。
入場者数は7割程度。
水曜日レディースデイ、そして夏休み、人出多しでした!