FC2ブログ

「トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクション」【未体験ゾーンの映画たち2019】 

keyart40.jpg
公式サイト
青山シアター、初公開日2019/01/11

**********************************************************************

評価:★★☆
(しょぼい。チープでお金掛かっていないとみた。特に前半は学生の自主製作映画のようだ。まだ、チープながらのグロさや残酷さを売りにしたホラーや、主催者側のキチガイっぷりを発揮したり、理不尽系ホラー、いっそのことツッコミ入れてコメディタッチにしたら面白かったのに。この映画の場合、心理的な医学的な要素を入れちょっと高尚にしたものだから中途半端になってしまった。人はスカルなどの仮面をつけることによって恐怖は増すのだなあと改めて思う。)

「トゥ・ヘル」【未体験ゾーンの映画たち2019】 

keyart54.jpg
公式サイト
ヒューマントラストシネマ渋谷、初公開日2019/01/11、シアター1 (200席)

**********************************************************************

評価:★★★
(如何にも最近のニコラス・ケイジな映画。エロ、コメディ、ホラーが混在したトホホなチープな映画です。情けなく、慌てふためいて取り繕うとするところも、まさにニコラス。シャツの下から覗く迷彩柄のビキニパンツにも注目したい。笑)

13:45開始、20分前に到着。
入場者数は4割程度。
ニコラス効果か人多め。

今日は二本ハシゴです。
同じ劇場です♪

「ダーク・クライム」【未体験ゾーンの映画たち2019】 

keyart51.jpg
公式サイト
ヒューマントラストシネマ渋谷、初公開日2019/01/11、シアター3 (60席)

**********************************************************************

評価:★★☆
(色調を抑えた北欧の街並み、暗い画作り。本来ならば、実話の題材とジム・キャリーの演技でもっともっと面白くなっているはず。しかし全く活かし切れておらず。物語も平坦で盛り上がりに欠けるものになってしまった。何とも惜しい映画でした。)

10:15開始、30分前に到着。
入場者数は2-3割程度。

今日も二本ハシゴです。
同じ劇場です♪

「ダーク・スクール」【未体験ゾーンの映画たち2019】 

keyart25.jpg
公式サイト
ヒューマントラストシネマ渋谷、初公開日2019/01/04、シアター3 (60席)

**********************************************************************

評価:★★★☆
(未体験ゾーン、二作目。こちらもアタリでした。人里離れた山中にぽつんと立つゴシック調の学校。怪しさムンムンの寄宿学校、職員たち。学校の謎も意外な切り口で楽しめた。終盤の畳み掛ける展開も良い。バーンと投げ打つ怪力のおばさん職員が可笑しかった。観ている最中は校長がユマ・サーマンだとは気が付きませんでした…!)

12:30開始、10分前に到着。
入場者数は6割程度。

今日の2本目です。
1本目の「ゲヘナ」より人が増えました。

「ダークサイド」 

175789_1.jpg
公式サイト
シネマート新宿、初公開日2018/06/16、スクリーン1 (335席)

**********************************************************************

評価:★★★☆
(田舎町のモーテルでニコケイが何時もの如く巻き込まれ追い詰められて行く。少々落ちぶれ感のあるニコケイとチープな安モーテルが良い味を醸し出している。(「フロリダ・プロジェクト」でも思ったけれどあちらのモーテルは原色がデフォなのか?)閉塞感のある片田舎で誰もが怪しく見えるが、ストーリー的には特筆すべきものが無くむしろ凡庸な出来栄え。でも、ニコラスの背徳感のある表情が堪らない!ニコラスあってこその映画だ。)

14:45開始、40分前に到着。
入場者数は10-20人程度。
大きい方の劇場での上映です。

「ダンガル きっと、つよくなる」 

173504_1.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、初公開日2018/04/06、シアター13 (314席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(熱血パパと娘たちの胸熱・痛快スポ根ドラマ。実話ベースであるのもあり感動もひとしおです。厳しい中にもユーモアあり涙ありスカッと爽快感あり、140分の長さもあっという間でした。姉妹の奮闘ぶりは特に前半が好き。姉妹がNOの時首を微かに傾ける仕草が可愛い。将来が閉ざされがちなインドにおいて、女子でも才能を伸ばすチャンスを与えてあげたい、そんな気持ちが込められています。ただ欲を言えば、終盤のコーチの扱いは過剰だったと思う。)

11:20開始、1時間前に到着。
入場者数は2割程度。
一番大きい劇場での上映です。

「トレイン・ミッション」 

173090_1.jpg
公式サイト
シネプレックス幕張、初公開日2018/03/30、スクリーン3 (114席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(期待以上に良かったでした!リーアム・ニーソンのタイムリミット&無双アクションの定番ものですが、過去作品とは一味違うものがあり楽しめました。ミステリー、謎解きサスペンスの面白さもあります。リーアム兄さん、少しお痩せになられて少しお年を召された感じもありますが、キレがあるアクションは健在、追い詰められ感や家族愛はリーアム兄さんならではの味わいがあります。まだまだ頑張って欲しいです。)

14:30開始、30分前に到着。
入場者数は7割程度。
1番目小さな劇場ではありますが、平日の昼間なのに結構入っていました!