FC2ブログ

「カメラを止めるな!」 2回目 

174392_1.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、初公開日2018/06/23、シアター8 (120席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(再見です。無名に近い俳優さんたちですが、全員のキャラクターがそれぞれ魅力的で、しかもキャラ立ちがハッキリしている。特に代役監督役の濱津隆之さん!自分を押さえて監督に徹するところと抑圧された感情を思わず爆発させてしまうギャップがイイです。撮影中のトラブルもそのまま続行したのもリアル感が出ていて良かったでした。ラストの最後の最後まで楽しめました。改めて映画愛に満ちた作品なんだなあと思いました。)

13:20開始、1時間前に到着。
8割程度の入場者数です。
こちらのシネコンでは初日初回ですが大盛況です!

「ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談」 

175581_1.jpg
公式サイト
ユナイテッドシネマ豊洲、初公開日2018/07/21、スクリーン11 (78席)

**********************************************************************

評価:★★★☆
(陰影のある映像、不穏な空気感…英国文化を肌で感じるオカルト映画。三つのエピソードから成る怪奇物語です。それぞれのパートは特に怖くは無く奇譚話といった趣きですが、終盤になり全体を振り返るとぞくっとさせられます。現実と幻想の曖昧さにも魅了されてしまう。マーティン・フリーマンの演技も見所です。)

10:00開始、30分前に到着。
入場者数は10人程度。
二番目に小さな劇場での上映です。

「カメラを止めるな!」 

174392_1.jpg
公式サイト
ユーロスペース、初公開日2018/06/23、スクリーン1 (92席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(これは良かった!今年のマイベスト入り決定です!ネタバレになるので多くは語れないのが残念です。低予算ゾンビ映画なのですがそうではあるがそうでは無く…。アクシデントも取り入れちゃう脚本の良さ、ちょっと素人臭い感じの俳優陣がまた良く。実はハートフォーミングだったり?熱意があれば素晴らしいものが出来上がる!熱い魂を頂きました。)

12:45開始、1時間前に到着。
入場者は満席+後方ずらり立ち見です!

終了後、サプライズで腰痛カメラマン役の俳優さんの舞台挨拶がありました!
後ほどサインと写真を一緒に撮って頂きました♪

「君の名前で僕を呼んで」 

173762_1.jpg  173762_4.jpg  173762_5.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、初公開日2018/04/27、シアター16 (120席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(美しい映画でした。イタリアの風景も彼らの言葉一つ一つも美しい。ティモシー・シャラメ、アーミー・ハマー、二人の瑞々しい演技と繊細な感情の動きに胸キュン、心の機微に触れ心を揺さぶられました。これぞ映画だなあとしみじみ思ったり。両親が彼らを見守る姿に静かに感動。特に終盤の父の言葉がじーんと来ました。)

10:45開始、30分前に到着。
入場者数は7割程度。
一番小さい劇場での上映です。
ミニシアター好きな女性で一杯!

「グレイテスト・ショーマン」 

173587_1.jpg  173587_2.jpg
公式サイト
イオンシネマ市川妙典、初公開日2018/02/16、スクリーン6 (518席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(まさに王道のミュージカル!実在した興行師P.T.バーナムの波瀾万丈の半生を描いたミュージカル、サーカスの華やかで楽しい世界を見事な歌と踊りで披露してくれます。ヒュー・ジャックマンの笑顔がもう最高で、ミシェル・ウィリアムズの良き妻良き母の笑顔も素敵。バーナム氏の成功、挫折、再起の軌跡、そしてそんな中にもフリークスの人々が受ける差別や偏見などの哀しみや切なさもきちりと描いています。とにかく見ていて引き込まれます。ミュージカル好きには見逃せない一本です。)

16:15開始、20分前に到着。
入場者数は3割程度。
一番大きな劇場での上映です。

「希望のかなた」 

173854_1.jpg  173854_3.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、初公開日2017/12/02、シアター16 (120席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(アキ・カウリスマキ監督、独特の間合いが冴える安定の作品です。難民や移民問題をベースに、市井の弱者たちに温かい眼差しを向けた監督の優し気持ちが伝わって来ます。フィンランド人特有のぶっきらぼうで無表情な顔の中にも人情味が溢れている。カウリスマキ監督の常連俳優陣やワンコの登場、日本の音楽や寿司ネタを扱った日本びいきのエピソード等々、ファンにはニヤリとする事ばかり。)

12:35開始、30分前に到着。
入場者数は7割程度。
一番小さな劇場での上映です。
一本目と同じ劇場、同じ席。

さすがのアキ・カウリスマキ監督、ファン多いです。

「黒い箱のアリス」【未体験ゾーンの映画たち2018】  

cover26.jpg
公式サイト
ヒューマントラストシネマ渋谷、初公開日2018/01/19、シアター3 (60席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(山の中にぽつんと建つガラス張りの山荘。モダンな無機質さが何処か不気味な雰囲気を醸し出しており、娘の義手やワンコの声、思わせぶりな木の棒など、小物たちもそれに加担しています。何度も繰り返され、少しづつ変化して行く展開に引き込まれます。煙に巻かれたようなラストも良かったです。)

12:00開始、1時間前に到着。
入場者数は7割程度。

今日は1本です。
水曜日サービスデーでフロアは一杯です。