「ノクターナル・アニマルズ」 

172310_1.jpg  172310_2.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、初公開日2017/11/03、初回、シアター2 (164席)

**********************************************************************

評価:★★★★ ~ ★★★★☆
(凄い映画だ。まず冒頭、巨漢の全裸女性が踊るシーンから度肝を抜かれる。これはトラウマになりそう…。エドワードの小説からは、長年くすぶり続けた愛憎と激しい復讐への執念を感じます。ジェイク・ギレンホールの気弱で生真面目な青年、アーロン・テイラー=ジョンソンの悪党ぶりは今年のマイ悪党マイベスト。マイケル・シャノンの人間臭い刑事も印象に残りました。)

11:30開始、40分前に到着。
入場者数は4割程度。
二番目に小さな劇場での上映です。

「ノー・エスケープ 自由への国境」 

168872_1.jpg
公式サイト
TOHOシネマズシャンテ、公開6日目初回、スクリーン1 (224席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(これは凄いものを観ました。余計なものを排除し、ただただ目標を一つに捉えたシンプルな展開が良いです。追いつ追われつの逃亡劇。最初から最後までしっかりとスリルとサスペンスを堪能致しました。ガエル・ガルシア・ベルナルはもちろんですが、不気味なジェフリー・ディーン・モーガンと相棒の猟犬が強く印象に残ります。あと一面に続く砂漠も主人公の一人だったりします。)

10:20開始、30分間前に到着。
入場者数は5割程度。
土地柄か年配の方が多かったです。

「ナイスガイズ!」 

170942_3 - コピー  170942_1 - コピー
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開7日目2回目、シアター11 (190席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(楽しかったです!示談屋のラッセル・クロウ、へっぽこ私立探偵のライアン・ゴズリング、そして彼の娘のアンガーリー・ライス、彼らの凸凹コンビが思いの外面白く遊び心満載で良かったです。ドタバタコメディあり、時にはちょいゆるいアクションあり、また背景に社会的問題が提起されていてメッセージ性もあるという楽しいエンタテイメント映画でした。70年代のアメリカのゴージャスな車、音楽がオールドファンには懐かしくニヤニヤ。)

15:25開始、30分前に到着。
入場者数は3割程度。
意外と女性多し。

「人間の値打ち」 

170415_1.jpg
公式サイト
T・ジョイ蘇我、公開2週目初回、シアター2  (127席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(2015年のイタリア映画祭上映作品です。これは見応えありました!ある事件を三人それぞれの視点から描き、やがて暴かれる真実。その真相にたどり着く様を順を追って述べているのですが、その展開、構成が巧みで見事。邦題の「人間の値打ち」はまさにドンピシャで改めて人間にとってお金は何か?ひいては人生をも考えさせてくれました。)

11:50開始、1時間30分前に到着。
入場者数は2-3割程度。
千葉のミニシアター好きとおぼしき初老のご夫婦が多かったでした。

「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」 

168659_1.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開4週目初回、シアター16 (120席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(好きだなあ、こういう映画。結末は何となく予想は出来るものの、そこに至るまでの過程を時にコミカルに小気味良く、夫婦が重ねて来た40年という歳月を味わい深く描き出しています。転居をきっかけに持ち上がる様々な出来事、ニューヨークの部屋の売り出し事情なども興味深くみれました。)

10:35開始、20分前に到着。
入場者数は2割程度。
一番小さな劇場での上映です。

「ナイトクローラー」 

167027_1.jpg
公式サイト
シネマカリテ、公開6日目4回目、スクリーン1 (97席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(こちらもお勧めされて観に行きました。いやあ、すこぶる良かったです!ジェイク・ギレンホール、近年ますます芸に磨きが掛って来ましたが、本作は研ぎ澄まされた味わいのある演技で見事でした。勢いのある旬な俳優さんは作品選びも上手いですねぇ。脚本、メッセージ性とも見応えあり、凄い映画です。)
 
16:25開始、20分前に到着。
入場者数は8割程度。

映画の前にまたまた腹ごしらえ。
「大戸屋 新宿東口中央通り店」にて、手造り豆腐のトロトロ煮定食 739円(税込:798円) 也。
ふふ、541kcal だ。ヘルシーヘルシー!
大戸屋 https://www.ootoya.com/index.html

「涙するまで、生きる」 

167434_1.jpg
公式サイト
シアター・イメージフォーラム、公開7日目初回、シアター2 (108席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(これは良かったです。上半期のマイベスト「セッション」と共にいまのところ第一位です。アルベール・カミュの短編小説「客」(「転落・追放と王国」)を映画化したのものですが、原作に多少の肉付け、変更はあるようです。さっと「客」を読んでみましたが、映画の方は、ストーリー展開、主人公役にピッタリの何処か寂しげで寡黙なヴィゴ様、風吹き付ける荒野の美しい映像、共々とても素晴らしい仕上がりでした。)

12:45開始、劇場オープン25分前に着いて1番目。
入場者数は3割程度。

オープン直後に整理券一番をゲットし、青山骨董通り店のマザーハウスに寄りバッグを購入。
あれこれ悩んでいたら時間が少なくなってしまい、イメフォ近くの「キッチンジロー 渋谷店」でランチしました。
チキン南蛮&スタミナ焼き&ホタテミルクコロッケ+スープ+ライス 870円也。
キッチンジロー http://www.kitchenjiro.co.jp/index.html