「マグニフィセント・セブン」 

170869_1.jpg
公式サイト
イオンシネマ市川妙典、公開3週目2回目、スクリーン8 (249席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(オリジナルを敬愛するオールドファンには不評とのことですが、自分的にはこれはこれでアリかな、と、普通に楽しめました!敵役もならず者から資本家に変わりましたが、今の時代に置き換えてもとてもフィットしているし、何より多種多様の個性的な人材を揃えているのも良かったです。デンゼルさん恐ろしい位にカッコいいです。)

18:15開始、1時間前に到着。
入場者数は3割程度。
夜の上映、カップル多し。

「マリアンヌ」 

171242_1.jpg  171242_4.jpg
公式サイト
シネプレックス幕張、公開初日2回目、スクリーン8 (165席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(二次大戦下で出会った二人が織りなす愛と疑念が絡み合うサスペンス、上質な大人のラブ・ロマンス映画でした。ゼメキス監督、普通のラブストーリーでは終わりません。当時の空気感を忠実且つロマンティックに再現し、印象的なシーンも多いです。ブラピ、マリオン・コティヤールの二大スターの圧倒的な存在感にも負けない演出、脚本が見事でした。こういう映画を観ると何かと不自由な昔の方が映画を作りやすいなあと思ったりしました。)

12:30開始、2時間前に到着。
入場者数は8割程度。
2番目に小さな劇場です。
満席に近かったです。

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」 

170111_1.jpg
公式サイト
TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ、公開2週目2回目、スクリーン9 (129席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(「音痴の歌姫」実在した女性の人生も興味深いし、何よりキャスティングが最高です。主人公を演じたメリル・ストリープは本当は歌が上手いのにあえて外して歌うのは大変だったと想像します。夫のヒュー・グラントも嫌味ないアプローチが痺れました。ピアノ伴奏者のサイモン・ヘルバーグも狂言回し的な役どころで良い味出してました。ある夫婦愛のカタチ、素直に感動を貰える映画でした。)

15:10開始、1時間前に到着。
入場者数は4割程度。
平日ですが大人気です!

「メカニック:ワールドミッション」 

169728_1.jpg   169728_3.jpg
公式サイト
イオンシネマ市川妙典、公開2日目2回目、スクリーン7 (223席)

**********************************************************************

評価:★★★☆
(サクサクと安直に進む強引な展開、穴だらけのストーリーは失笑してしまう。けれどステイサムが出ていることでグッと魅力的な映画になってしまうからアラ不思議。なかなか楽しく観れました。俳優あってこその映画。普通なら凡作になってしまうところが、ステイサムのおかげで生き生きと面白い作品に引き上げてくれています。それにしても銃を構える姿にはほれぼれしてしまう。アクションのキレもぴか一です。)

11:40開始、30分前に到着。
入場者数は6-7割程度。
殆どカップルばかりです!

「マイ・ファニー・レディ」 

168264_1.jpg   168264_3.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開4日目初回、シアター2 (164席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(楽しい映画です!大人の小粋なドタバタ劇。また、オールド・ハリウッドをこよなく愛する人にはたまらない小ネタが散りばめられており、映画好きには堪りません(…自分の場合は一部しか分からず。笑)俳優陣が、一癖ある個性豊かな役どころを生き生きと演じていていました♪)

09:55開始、50分前に到着。
入場者数は10人程度。
二番目に小さな劇場での上映です。

「ミケランジェロ・プロジェクト」 

163488_1.jpg
公式サイト
イオンシネマ市川妙典、公開初日3回目、スクリーン8 (249席)

**********************************************************************

評価:★★★☆
(観る前はスリリングな奪還もの映画かと思っていたのですが、本作は第二次大戦下ながら何処か牧歌的な趣のあるコメディさが加わっていました。豪華俳優陣が揃う群像劇はクルーニー監督ならではの味わいがあるものの、悲喜劇あるゆるゆるさは物足りなさを感じてしまったりも…。)

14:50開始、30分前に到着。
入場者数は2-3程度。
三番目に大きい劇場での上映です。
初日の平日昼下がりにしては多かったです。

「ムカデ人間3」 

167724_1.jpg   167724_2.jpg
公式サイト
新宿武蔵野館、公開6日目レイトショー、新宿武蔵野館1 (133席)

**********************************************************************

評価:★★★
(ディーター・ラーザーの白熱した演技!一作目とはまた違ったもだえ苦しみ狂喜する姿が凄いです。ただ、このシリーズは好きだけれど(変態…)、本作は自分には今一つでした。一作目二作目と違い方向性を変えたのは良かったけれど、ブラックな笑いもギャグも話の展開も微妙に滑っているような…。何より残念だったのは、ムカデにされる人たちの絶望や苦悩のシーンが少なくもっとじっくり見せてほしかったです。)

20:50開始、30分前に到着。
入場者数は満席です!
凄い人気ですね。
男性ばかりかと思いきや、意外と女性連れも目立ちました。

映画の前に一息。
「珈琲 西武」にて、抹茶ミルク 750円 也。
ここは電源が取れるので良いです。
昭和レトロちっくなカフェというより喫茶店。
珈琲西武 http://r.gnavi.co.jp/fr7wbxag0000/