FC2ブログ

「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」 

176410_1.jpg  176410_2.jpg
公式サイト
シネマカリテ、初公開日2018/11/10、スクリーン2 (78席)

*********************************************************************

評価:★★★ ~ ★★★☆
(ニコラス・ケイジ主演の低予算B級映画。70年代風のサイケデリックな空気感に包まれたカルト映画です。ドラッグ、セックス、ヒッピー、イカレたバイク集団、、そんな危険な連中に立ち向かうニコケイ。復讐でぶっ飛びなニコケイも見所だけど、一番印象に残るのは貴重なニコケイの白ブリーフ姿だったりします。)

12:10開始、1時間前に到着。
入場者数は6割程度。

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」 

175230_1.jpg
公式サイト
TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ、初公開日2018/08/03、スクリーン8 (298席)

**********************************************************************

評価:★★★☆ ~ ★★★★
(トムが飛ぶ!落ちる!走る走る走る!!!楽しめるスパイ活劇、トム・クルーズのアクションを愛でる映画です。アクションの一つ一つが見応えあり、トムちん歳を経ても尚妥協せず、きっちりと完璧にアクションを見せてくれるのは嬉しい。ただ、アクションの数々は見所あるものの、映画を観終わったら意外と後に残らない。ちょっとじんわり来るシーン、やや難解な展開とツッコミは印象的ですが…!)

17:30開始、1時間前に到着。
入場者数は6割程度。
三番目に大きな劇場で人出も多かったです!

「マッド・ダディ」 

175481_1.jpg
公式サイト
シネマート新宿、初公開日2018/06/23、スクリーン1 (335席)

**********************************************************************

評価:★★★ ~ ★★★☆
(ニコケイの暴走っぷりが凄い怪作。自分の子供を襲うのは自分が失った若さと熱意への渇望と羨望からか。TVの砂嵐を見てゾンビに変貌するゾンビパニックか、或いは大人になった喪失感からの子殺しか、どちらをメインにしたかったのか中途半端。ストーリー的には今一つ、ニコケイの怪演を愛でる映画である。ホラーというよりブラック・コメディといったところ。)

14:45開始、40分前に到着。
入場者数は3割程度。
大きい方の劇場での上映です。

「マイティ・ソー バトルロイヤル」 2D字幕版 

171402_1.jpg  171402_5.jpg  171402_2.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、初公開日2017/11/03、初回、シアター13 (314席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(楽しかったー!そして可笑しかったです!今回は物語もさることながら、その演出、俳優陣の面白さでしょう。その面白さではシリーズ中ぴか一です。ソーとロキはもはや掛け合い漫才、ジェフ・ゴールドブラムのなよっとしたのも初めて見たかも…。そして悪役ケイト・ブランシェットは期待以上の凄さで驚き。ああ、そして忘れてはならないのはカール・アーバンですよ!マッチョな男気溢れる彼にくらくら♪今回はキャストの魅力を存分に味わえる映画、始終ニヤニヤしっぱなしでした!)

13:30開始、1時間前に到着。
入場者数は2-3割程度。
一番大きな劇場での上映です。
まだ大きな劇場でやっていて良かった!

「メッセージ」 

171303_1.jpg  171303_2.jpg  171303_4.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開3週目初回、シアター8 (120席)

**********************************************************************

評価:★★★☆ ~ ★★★★
(ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の作品は外れがありません、本作もまた然り。人類と異星人とのファーストコンタクトはまさにこういう手探り状態なのだろうな、と思いました。そして言語による意思疎通の大事さ、大切さ。そしてそれは異星人だけでなく自分と関わり合いのある人とも。物語の展開も上手く映像も斬新で味わい深いものがあります。SF的にはタイムパラドックスはどうなるの?と疑問が沸きいろいろと考えを巡らせます。)

10:55開始、30分前に到着。
入場者数は6-7割程度。
今日はレディースデイ。
一番小さな劇場での上映です。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 

172223_1.jpg  172223_3.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開2週目初回、シアター8 (120席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(非常に完成度が高く、静かで重い映画です。登場人物の心理描写が丁寧に描かれており、画の作りが美しい。冬の凍てつくマサチューセッツの寒さがスクリーンから伝わって来ます。そして、アカデミー賞で主演男優賞をとったケイシー・アフレックの抑制の効いた演技が本当に素晴らしい。自身に向けたどうしようもない怒りや苛立ち、孤独感に包まれた中年男を見事に演じています。淡々としたストーリー展開の中で、胸に迫る人間ドラマが描かれます。今年の秀作の一本です。)

12:35開始、30分前に到着。
入場者数は7-8割程度。
今日はレディースデイ。
一番小さな劇場での上映です。
小さいながらも女性を中心に盛況でした。

「ムーンライト」 

172165_1.jpg  172165_3.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開2週目初回、シアター6 (190席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(暴力的な描写もある厳しい物語なのに抑えたタッチで淡々と綴られて行くので、全体としては静かな印象が残ります。観ている間より観終わってからの方がじわじわと湧き上がるものがあります。黒人層の低所得者の貧困やゲイなど社会問題を通して、一人の少年の心の旅を描いた、繊細で美しい、素晴しい映画です。)

11:00開始、30分前に到着。
入場者数は2-3割程度。
思っていたより少なかったです。