「メッセージ」 

171303_1.jpg  171303_2.jpg  171303_4.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開3週目初回、シアター8 (120席)

**********************************************************************

評価:★★★☆ ~ ★★★★
(ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の作品は外れがありません、本作もまた然り。人類と異星人とのファーストコンタクトはまさにこういう手探り状態なのだろうな、と思いました。そして言語による意思疎通の大事さ、大切さ。そしてそれは異星人だけでなく自分と関わり合いのある人とも。物語の展開も上手く映像も斬新で味わい深いものがあります。SF的にはタイムパラドックスはどうなるの?と疑問が沸きいろいろと考えを巡らせます。)

10:55開始、30分前に到着。
入場者数は6-7割程度。
今日はレディースデイ。
一番小さな劇場での上映です。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 

172223_1.jpg  172223_3.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開2週目初回、シアター8 (120席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(非常に完成度が高く、静かで重い映画です。登場人物の心理描写が丁寧に描かれており、画の作りが美しい。冬の凍てつくマサチューセッツの寒さがスクリーンから伝わって来ます。そして、アカデミー賞で主演男優賞をとったケイシー・アフレックの抑制の効いた演技が本当に素晴らしい。自身に向けたどうしようもない怒りや苛立ち、孤独感に包まれた中年男を見事に演じています。淡々としたストーリー展開の中で、胸に迫る人間ドラマが描かれます。今年の秀作の一本です。)

12:35開始、30分前に到着。
入場者数は7-8割程度。
今日はレディースデイ。
一番小さな劇場での上映です。
小さいながらも女性を中心に盛況でした。

「ムーンライト」 

172165_1.jpg  172165_3.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開2週目初回、シアター6 (190席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(暴力的な描写もある厳しい物語なのに抑えたタッチで淡々と綴られて行くので、全体としては静かな印象が残ります。観ている間より観終わってからの方がじわじわと湧き上がるものがあります。黒人層の低所得者の貧困やゲイなど社会問題を通して、一人の少年の心の旅を描いた、繊細で美しい、素晴しい映画です。)

11:00開始、30分前に到着。
入場者数は2-3割程度。
思っていたより少なかったです。

「めまい」 デジタルリマスター版 4K上映 

164086_1.jpg
2017年キネマイクスピアリ(リバイバル上映)
シネマイクスピアリ、公開5日目初回、シアター10 (164席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(昔観た時はサスペンスの印象が強かったですが、今改めて鑑賞するとラブ・ストーリーが強烈に心に残ります。幻の女の妄執の愛に囚われる男、愛する男に真実を告げられない女、虚しさと切なさが同居する愛恋映画でした。鮮やかな色彩とめまいのシーンなど視覚効果は、その当時はもちろんのこと今見てもとても新鮮。前半と後半の趣の違うサスペンス・ミステリーです。)

11:00開始、40分前に到着。
入場者数は3-4割程度。
女性一人者多し。

「マグニフィセント・セブン」 

170869_1.jpg
公式サイト
イオンシネマ市川妙典、公開3週目2回目、スクリーン8 (249席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(オリジナルを敬愛するオールドファンには不評とのことですが、自分的にはこれはこれでアリかな、と、普通に楽しめました!敵役もならず者から資本家に変わりましたが、今の時代に置き換えてもとてもフィットしているし、何より多種多様の個性的な人材を揃えているのも良かったです。デンゼルさん恐ろしい位にカッコいいです。)

18:15開始、1時間前に到着。
入場者数は3割程度。
夜の上映、カップル多し。

「マリアンヌ」 

171242_1.jpg  171242_4.jpg
公式サイト
シネプレックス幕張、公開初日2回目、スクリーン8 (165席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(二次大戦下で出会った二人が織りなす愛と疑念が絡み合うサスペンス、上質な大人のラブ・ロマンス映画でした。ゼメキス監督、普通のラブストーリーでは終わりません。当時の空気感を忠実且つロマンティックに再現し、印象的なシーンも多いです。ブラピ、マリオン・コティヤールの二大スターの圧倒的な存在感にも負けない演出、脚本が見事でした。こういう映画を観ると何かと不自由な昔の方が映画を作りやすいなあと思ったりしました。)

12:30開始、2時間前に到着。
入場者数は8割程度。
2番目に小さな劇場です。
満席に近かったです。

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」 

170111_1.jpg
公式サイト
TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ、公開2週目2回目、スクリーン9 (129席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(「音痴の歌姫」実在した女性の人生も興味深いし、何よりキャスティングが最高です。主人公を演じたメリル・ストリープは本当は歌が上手いのにあえて外して歌うのは大変だったと想像します。夫のヒュー・グラントも嫌味ないアプローチが痺れました。ピアノ伴奏者のサイモン・ヘルバーグも狂言回し的な役どころで良い味出してました。ある夫婦愛のカタチ、素直に感動を貰える映画でした。)

15:10開始、1時間前に到着。
入場者数は4割程度。
平日ですが大人気です!