FC2ブログ

「HOSTILE  ホスティル」 

176664_1.jpg
公式サイト
シアター・イメージフォーラム、初公開日2018/09/15、シアター2 (108席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(かなり好きな作品です。伝染病が蔓延し荒廃した近未来の地球。ヒロインとクリーチャーとの攻防戦が主なホラーなSFかと思いきや…。実は過去と現在を交互に描き出した切ない愛の物語。観ていて途中で真相に気付きますが、作品が目指すものが謎解きでは無く、二人の愛の軌跡なので全く問題はありません。今話題のハビエル・ボテットの演技も必見。監督は本作が長編デビューとなる仏の新鋭マチュー・テュリ、これからが期待大な監督さんです。)

13:15開始、20分前に到着。
入場者数は自分を入れて6人。

「MEG ザ・モンスター」 

174988_1.jpg  174988_2.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、初公開日2018/09/07、シアター14 (190席)

**********************************************************************

評価:★★★ ~ ★★★☆
(気軽に観れるアクション映画だが、ラブ・ロマンスを過剰に投入した為、何とも陳腐な映画となってしまった。本来なら感動する場面や言葉も薄い。CGを駆使しているが鮫そのものの迫力や臨場感が思ったより感じない。見所はジェイソン・ステイサム。それにしても深海で静かに生息していた鮫が受難に遭ったようで気の毒でならない。)

15:30開始、1時間30分前に到着。
入場者数は6割程度。
土曜日ということもあり、カップル多しでした!

「SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班」 

176044_1.jpg
公式サイト
シネマート新宿、初公開日2018/08/18、スクリーン1 (335席)

**********************************************************************

評価:★★★☆
(グイグイと強引に引っ張る引っ張る、妙にハイテンションな香港アクション映画です。やたら爆破シーンや銃撃戦が多く、その他カーチェイスやら使命感やら、あっラブロマンスもあり、何ともお得なてんこ盛りな映画でした。香港の社会情勢は知りませんが、その辺りも勉強になりました。アンディ・ラウ主人公ですが、やや抑え気味の演技がこれまた良く相変わらずカッコ良かったでした。)

14:25開始、50分前に到着。
入場者数は2-3割程度。
大きい方の劇場での上映です。

「REVENGE リベンジ」 

175992_1.jpg
公式サイト
イオンシネマ市川妙典、初公開日2018/07/07、スクリーン9 (182席)

**********************************************************************

評価:★★★★ ~ ★★★★☆
(これは面白かった!リベンジ・バイオレンスには「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」がありますが、構成は通じるものがありますが全く別物です。何と言ってもセンスが良く、ふとしたワンショットや別荘のシチュエーション、荒野など映像が美しい。ストーリーは単純明快、主要人物は4人のみ、低予算と思しきですが、ヒロインのマチルダ・ルッツの熱演、演出と映像がとにかく工夫されていて凄く面白いのです。イタタタタ痛シーン多し!流血量多し!スカッとします!)

09:45開始、15分前に到着。
入場者数は自分を入れて4人。
観たかった作品、家の近くで上映になり良かったです!

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」 

172420_1.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、初公開日2017/11/03、初回、シアター5 (314席)

**********************************************************************

評価:★★★☆ ~ ★★★★
(なかなか楽しめました!巷で言われているようにノスタルジックあふれるホラー版「スタンド・バイ・ミー」でした。二ヒヒ…とにやけるピエロさんが憎たらしくイイ感じです。それにしてもペニーワイズを演じたビル・スカルスガルド、凶悪ピエロを演じたことに驚きです。こんな役もこなせるとは演技の幅が広がりました。)

10:40開始、40分前に到着。
入場者数は3割程度。
一番大きな劇場での上映です。

「LOGAN/ローガン」 

171289_3.jpg
公式サイト
シネプレックス幕張、公開3週目初回、スクリーン9 (352席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(非常に完成度の高い映画です。往年の西部劇の匂いがぷんぷんと、近未来の設定にも関わらずスクリーンでは荒涼とした砂漠が続いているような、そんな錯覚に陥ります。切なく悲しい、いろいろな面で感慨深いものがあります。グロ多し。観た後は何時までも余韻が残ります。しかし本音を言うと観るのが辛かったので、観なければ良かったという気持ちにもなったり…。)

11:50開始、30分前に到着。
入場者数は2割程度。
2番目に大きな劇場です。

「WE GO ON -死霊の証明-」【未体験ゾーンの映画たち2017】  

171882_1.jpg
公式サイト
ヒューマントラストシネマ渋谷、公開9日目初回、シアター2 (173席)

**********************************************************************

評価:★★☆
(題材は自分好みで序盤は面白くなりそうな予感だったのですが…全体的にとりとめのない印象が残る。もっと面白くなりそうなのに何故なんだろう?メリハリの無い演出と話が何となく流れて行く脚本のせいかも知れない。主人公の男の不甲斐なさにイライラしてしまう。)

13:40開始、2時間前に到着。
入場者数は2-3割程度。

今日は二本ハシゴです。
同じ劇場で、しかも同じ席を二回なので楽ちん♪。
今日は水曜サービスデーですが、意外と人は少なかったでした。