「アナベル 死霊人形の誕生」 

172419_1.jpg
公式サイト
シネプレックス幕張、公開初日2回目、スクリーン4 (114席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(さすが「ライト/オフ」の監督だけあって、光と闇、陰影の使い方がめちゃくちゃイイ感じです!Jホラーから影響を受けたであろうひたひたと忍び寄る恐怖。子役の少女たちの熱演も相まって、オーソドックスでクラシカルなホラーに仕上がってます。本作は「アナベル 死霊館の人形」より20年ほどさかのぼり、アナベル人形の製作者であるムリンス夫妻に焦点を当てた物語。劇中ではシリーズ2作目「死霊館 エンフィールド事件」に登場した悪魔の尼僧ヴァラクもチラリと出て来ます。死霊館シリーズの繋がりや全体像が浮かび上がるものなっています。)

12:20開始、1時間前に到着。
入場者数は4割程度。
1番小さな劇場です。
カップルばかりです!

「エイリアン:コヴェナント」 

171293_1.jpg  171293_3.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開2週目4回目、シアター11 (190席)

**********************************************************************

評価:★★★
(演出やエイリアンの造形などはそこそこ楽しめるのだけど、クルーたちの馬鹿っぷりが際立ち失笑してしまう。前作「プロメテウス」や本作ではヒロインが主役だと思っていたのですが、途中から実はこのシリーズの主役はアンドロイド(マイケル・ファスベンダー)なのだと気付く。何やら哲学的な匂いあり。終盤は意外性も無く想定内だったのが惜しくもあり、まあ妥当なところかと納得してみたり。)

18:45開始、1時間30分前に到着。
入場者数は4割程度。
休日の夕方は隣のTDR帰りの人がわらわら!

「ウィッチ」 

171033_1.jpg  171033_3.jpg
公式サイト
新宿武蔵野館、公開2週目初回、新宿武蔵野館1 (128席)

**********************************************************************

評価★★★★ ~ ★★★★☆
(見応えありました。観に行って良かったです。低予算で作られたと思われますが、視覚的にも芸術性があり、ホラーとしても宗教映画としても完成度が高いです。人間の心の隙間に忍び込み、家族がじわじわと闇に侵食されていくさまは本当に恐ろしい。心の脆弱さや信頼というものを描いた作品です。人々が生きていくにはやはり社会やコミュニティなど人と人との繋がりが大切なのだと改めて思いました。主人公トマシンを演じたアニヤ・テイラー=ジョイは期待大の女優さんです。)

12:10開始、1時間30分前に到着。
入場者数は水曜日映画ファンサービスデー1000円ということもあり、ほぼ満席近かったです。

「ありがとう、トニ・エルドマン」 

171300_1.jpg  171300_3.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開7日目初回、シアター10 (164席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(何やら妙な味わいのある映画です。確かにこんな親父が居るとイラっとしてしまうかも…と思って観ていたのですが、観ている内にだんだんと二人の関係が愛おしく感じて来るのです。チラシにも登場するクケリのシーンはもう最高で、一番好きなところだったりします。ラストもイイ感じで、あそこで終わるところで不思議な余韻を残します。ゆるゆると展開して長尺なのに全く時間を感じさせません。)

10:40開始、20分前に到着。
今日はレディースデイ。
二番目に小さい劇場での上映です。

「アサシン クリード」 2D字幕版 

171198_1.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開2週目4回目、シアター2 (164席)

**********************************************************************

評価:★★★☆
(巷では芳しくない評価が多いですが、自分的には面白かったです!自分はゲームしない人ですが楽しめました。テンプル騎士団やアサシンなどその当時の時代背景を大まかに知っておいた方が良いかも。ルネサンス期のスペインを舞台に縦横無尽に飛び駆け抜けるパルクールの躍動感、そしてスペイン異端審問の血生臭さ。砂埃の街中をひたすら戦い抜く陰鬱な世界にしびれます。それにしてもアサシン教団の衣装はとても痩せて見える。)

18:45開始、2時間前に到着。
入場者数は3割程度。
土曜日の夜、カップル多し。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 

169563_1.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開3週目初回、シアター2 (164席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(良い映画でした。後からじわじわ効いて来ます。原題は「DEMOLITION」ですが「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」という邦題もその情調的な言葉の中に人の想いが上手く表現されていると思いました。ジェイク・ギレンホール、演技にますます磨きがかかっています。)

10:30開始、40分前に到着。
入場者数は3割程度。
レディースデイです。
殆ど女性です。

「インビテーション」【未体験ゾーンの映画たち2017】 

172136_1.jpg
公式サイト
ヒューマントラストシネマ渋谷、公開4日目初回、シアター1 (200席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(面白かったです!心理合戦の好きな人には最高でしょう。じわじわと来る疑念、思い過ごしか?本当にそうなのか?観ているこちら側も疑心暗鬼に陥ります。ストレートに響く怖さ、演出も秀逸です。それまでとは違う終盤からの展開も良い感じ。)

14:50開始、20分前に到着。
入場者数は6割程度。

今日の二本目。
そして今日も移動が無いのは良いな、楽ちんだ♪