2014年 映画館で観た映画 

映画館で観た映画 96本(上半期45本、下半期51本)

続きを読む

2014年 年間マイベスト 

2014年劇場で観た映画は、96本でした。
その中から選んだ作品です。
(ちなみに2007年は123本、2008年は97本、2009年は88本、2010年は80本、2011年は95本、2012年は101本、2013年は79本)
どの作品においても殆んど差はありません。

※新作のみ、旧作は除外。

今年は100本には足りませんでしたが、まずまず観れたと思います。
特に後半に素晴らしい映画が多く充実してました。
来年もこの調子で観て行きたいです。
本年では新宿ミラノ座が閉館になりました。ここの劇場はそれほど通った訳では無いけれど、やはり古くからある劇場が無くなるのは寂しい限りです。こちらでの最後の〆の映画は「ハネムーン」というホラー映画でした。
あと、新文芸坐での「役者生活60年 石橋蓮司映画祭」は感慨深いものがありました。トークショー付きに2回行けて、生蓮司さんを拝めたのも嬉しかったです。

続きを読む

2014年 下半期間マイベスト 

7-12月において、劇場で観た映画は、51本でした。
(ちなみに2007年は61本、2008年は43本、2009年は38本、2010年は37本、2011年は45本、2012年は46本、2013年は39本)
後半はまずまずの本数でした。

※新作のみ、旧作は除外。

続きを読む

2014年 上半期間マイベスト 

1-6月において、劇場で観た映画は、45本でした。
(ちなみに08は54本、09年は48本、10年は43本、11年は50本、12年は55本、13年は44本。)
う、、昨年より1本多いですね。
前半は何かと慌ただしかったのでもっと少ないと思ったのですが、自分としては意外でした。

※新作のみ、旧作は除外。

続きを読む

今週の新作 12/27 - 01/02 

年をまたいでいるので上映数少なし。

続きを読む

「毛皮のヴィーナス」 

164663_1.jpg   164663_3.jpg
公式サイト
ヒューマントラストシネマ有楽町、公開3日目2回目、シアター1 (162席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(登場人物は二人のみ。舞台劇の映画化は俳優の力量が問われますが、エマニュエル・セニエとマチュー・アマルリックの熱のこもった演技は本当に素晴らしかった。めくるめく倒錯した愛の駆け引き。妖しく狂おしい偽の愛の世界に幻惑され魅了されました…!)

13:25開始、50分前に到着。
入場者数は4-5割程度です。
場所柄もありやや年配の方多し。
上映前にイトシアビル地下の「えん」でだし茶漬けセット(紀州南高梅と広島菜のだし茶漬け)を食べました。

今週の新作 12/20 - 12/26 

どんどん寒くなります。

続きを読む

「ゴーン・ガール」 

166127_1.jpg   166127_3.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開6日目初回、シアター5 (314席)

**********************************************************************

評価:★★★★ ~ ★★★★☆
(ひぃぃ!こちらも女性の恐ろしさを感じさせる映画でした。怖いけれどブラック・ユーモアも感じられたり。そして見事な脚本!捻りのある二転三転する物語にぐいぐい引き込まれ驚嘆するばかり。)
 
10:30開始、30分前に到着。
入場者数は3-4割程度。
レディースデイ1000円もあって人出は多かったでした。

「紙の月」 

164641_1.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開5週目初回、シアター4 (314席)

**********************************************************************

評価:★★★★ ~ ★★★★☆
(これは良かった!邦画はあまり観ておりませんが(汗)今年の邦画マイベスト1です。登場人物の心の機微を繊細に表現し、その見せ方の上手さ。デフォルメし過ぎずあえて現実に居そうな人を演じているのがイイ。俳優陣も適材適所でドンピシャの演技。宮沢りえはますます演技に磨きが掛って来ました。)
 
11:15開始、30分前に到着。
入場者数は3割程度。
公開から随分経っていますが、平日初回なのにまずまずの人出です。

「フューリー」 

165414_1.jpg   165414_2.jpg
公式サイト
イオンシネマ市川妙典、公開3週目2回目、スクリーン3 (223席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(戦車対戦車、二次大戦末期の戦場の臨場感溢れるリアルな映像は迫力あり見応えありました。チームワークの人間ドラマ、そして新兵の成長物語でもあります。)

12:40開始、1時間前に到着。
入場者数は3割程度。
イオンシネマは月曜日がサービスデイ1100円なので、平日の昼飯時なのに結構入っていました。

今週の新作 12/13 

風邪を引いてしまい映画もままならず…。

続きを読む

「ハネムーン」 

166671_1.jpg
公式サイト
新宿ミラノ3、公開4日目初回、新宿ミラノ3 (209席)

**********************************************************************

評価:★★★
(かなりの低予算で作り上げたと思しきホラー映画。心理描写など丁寧に描かれているのに、どうにもインパクトが無く、平坦な印象。深夜TVでぼんやり見るような映画かな。ビーを演じるローズ・レスリー、異変をきたしてからの微妙な変化が上手い。最初は綺麗なのに中盤からどんどんばっちくなるのも上手い。)
 
14:00開始、25分前に到着。
入場者数は15-17人程度。
多分今日が新宿ミラノに来る最後の日になると思います。
それほど利用した訳では無いけれど、時にB級ホラー映画など観させて頂き楽しませて貰いました。
ありがとう、ミラノ座。

「メビウス」 

163887_1.jpg
公式サイト
シネマカリテ、公開4日目初回、スクリーン1 (97席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(ヒィィィィー!痛い映画でした。直接的な描写はないもののその先にあるものを想像させ痛みは倍増です。痛みや残虐さが高じると笑いに転じますが、本作も然り、かなり悪趣味な映画と言ってよいでしょう。本作は台詞が一切無く喘ぎ声や叫び声のみに留まります。ギドク監督の作品は「うつせみ」のように台詞では無く視線や動きで表現するる方が自分にはしっくり来るようです。)
 
10:50開始、50分前に到着。
入場者数は3-4割程度。
大きい方の劇場での上映です。
今日は、シネマカリテ→ミラノ座とハシゴしました。
昼飯は、安定の「大戸屋」です。新宿東口中央通り店

今週の新作 12/06 - 12/12 

観たい作品が溜まってます。

続きを読む

「天才スピヴェット」 2D字幕版 

164837_1.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開3週目2回目、シアター14 (190席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(これもまたまた心に残る映画でした。ジュネ監督のイマジネーション溢れる映像美。アメリカ大陸横断の旅を、美しい風景と共に遊び心一杯に綴って行きます。ワクワクした冒険の中にも、弟を失い傷ついた悲しみや少年の繊細さ切なさが感じ取れて胸キュンとなったり。旅を通して得る様々なもの、スピヴェットとそして家族の再生物語です。)
 
16:20開始、40分前に到着。
入場者数は3-4割程度。
今日はレディースデイ1000円、ミニシアター好きと思しき方多数。

「ショート・ターム」 

165196_1.jpg   165196_3.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開3週目初回、シアター14 (190席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(これも良い映画でした。今年の後半は素晴らしい映画が多いです。短期の児童保護施設での日常を、デリケートな問題を扱っているのに変に感傷的に陥ることなく、シンプルに瑞々しく描き出しています。それでいて受ける衝撃は半端じゃありません。同じようなシーンでも最初と最後の受ける印象の何と違うこと…!)
 
16:45開始、30分前に到着。
入場者数は3-4割程度。
今週から2回の上映となりましたが、評判の良さから平日の夕方なのに結構入っていました。