今週の新作 06/27 - 07/03 

今週は気になる新作が一杯!

続きを読む

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 2D字幕版 

166046_1.jpg   166046_6.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開初日3回目、シアター13 (314席)

**********************************************************************

評価:★★★★ ~ ★★★★☆
(オリジナルがお好きな方、「ヒャッハー」好きな方、「北斗の拳」好きな方には、飛び上がらんばかりに楽しく嬉しい一本。オリジナルの世界観そのままにさらにヒートアップしたアドレナリン大放出のアクション映画です。ストーリーは単純明快、変に捻くり回して哲学的じゃないところが良いです。シンプルですが、登場人物がそれぞれ抱えるトラウマや生い立ちなどの人間ドラマがあります。一つ残念だったのは白塗り軍団ばかりでモヒカンが居なかったことです…!)
 
18:55開始、1時間前に到着。
入場者数は6割程度。
一番大きい劇場での上映です。
カップル、男性一人者多しでした。

映画が始まる前に1Fの「nana's green tea 」で、抹茶クリームあんみつ 620円也。
nana's green tea http://www.nanasgreentea.com/

今週の新作 06/20 

珍しく金曜公開の新作はありません。

続きを読む

「サンドラの週末」 

166811_1.jpg   166811_3.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開4週目初回、シアター7 (164席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(日本ではなかなか受け入れがたい事柄だけれど、欧州ではあることなのかも知れない。サンドラ(マリオン・コティヤール)が一軒一軒訪ね歩く先で、困窮した生活と現実を突き付けられる。淡々とした中にもリアルで切実さが伝わる、一人の女性の生きる意味を考えさせてくれる作品でした。)
 
11:15開始、40分前に到着。
入場者数は3割程度。
レディースデイということもあり殆ど女性でした。

「約束の地」 

167536_1.jpg   167536_3.jpg
公式サイト
ユーロスペース、公開4日目初回、スクリーン2 (145席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(何処までも続くパタゴニアの原風景、娘を追ってひたすら彷徨い歩く父。不思議な映画でした。解釈は観客に委ねられるもので、感じ方は人それぞれ。まるで夢を見ているような感覚に…ただ確信が持てるのはヴィゴ様演じる父の娘を想う強い愛でした。)

11:45開始、1時間45分前に着いて1番乗り。
入場者は3割程度。

オープンと同時に整理券をゲットし時間がかなり空いてしまったので、モーニングを昼飯にすることに!せこいか?
ガスト渋谷道玄坂店  エッグスラットモーニングセット 599円也。

今週の新作 06/13 - 06/19 

気になる映画はたくさんあれど…。

続きを読む

「靴職人と魔法のミシン」 

167400_1.jpg
公式サイト
TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ、公開7日目初回、スクリーン3 (117席)

**********************************************************************

評価:★★★
(うーん、ファンタジックな人間ドラマなのですが、自分的には今一つ乗り切れず。主役のアダム・サンドラーを始め名優ダスティン・ホフマンやスティーブ・ブシェミらが出演しているにも関わらず、テンポが悪い為、ラストへの感動が効いて来ない。とても面白い題材だし俳優陣はぴか一なのに、何だか勿体無い感が残った作品でした…。)

11:55開始、40分前に到着。
入場者数は4割程度。
一番小さな劇場での上映です。

今日の昼飯は、コルトンプラザ内にある「大戸屋」です。
すけそう鱈の生姜みぞれあん定食 820円 +ドリンクバー 288円也。

今週の新作 06/06 - 06/12 

今週から関東でも梅雨入り。

続きを読む

「涙するまで、生きる」 

167434_1.jpg
公式サイト
シアター・イメージフォーラム、公開7日目初回、シアター2 (108席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆
(これは良かったです。上半期のマイベスト「セッション」と共にいまのところ第一位です。アルベール・カミュの短編小説「客」(「転落・追放と王国」)を映画化したのものですが、原作に多少の肉付け、変更はあるようです。さっと「客」を読んでみましたが、映画の方は、ストーリー展開、主人公役にピッタリの何処か寂しげで寡黙なヴィゴ様、風吹き付ける荒野の美しい映像、共々とても素晴らしい仕上がりでした。)

12:45開始、劇場オープン25分前に着いて1番目。
入場者数は3割程度。

オープン直後に整理券一番をゲットし、青山骨董通り店のマザーハウスに寄りバッグを購入。
あれこれ悩んでいたら時間が少なくなってしまい、イメフォ近くの「キッチンジロー 渋谷店」でランチしました。
チキン南蛮&スタミナ焼き&ホタテミルクコロッケ+スープ+ライス 870円也。
キッチンジロー http://www.kitchenjiro.co.jp/index.html

「誘拐の掟」 

167257_1.jpg   167257_2.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開5日目初回、シアター7 (164席)

**********************************************************************

評価:★★★☆ ~ ★★★★
(何時もとちょい違うニーソンだけど、やっぱり渋くて漢気のある何時ものニーソンさん。過去のトラウマと向き合いつつ事件を追う、結構ドキドキしちゃいました。猟奇的殺人事件を扱うサスペンス・スリラーだけど、直接的な描写は無いのでサイコ的には弱め。完全無欠な無双親父も良いけれど、満身創痍で悩み苦しむ生身の人間のリーソンさんがとても良かった。)
 
10:55開始、30分前に到着。
入場者数は2-3割程度。
渋いサスペンス・アクションなのにリーアム効果からか殆ど女性でした。
って、今日はレディースデイでしたね、それもあるのかも。