2016年 映画館で観た映画 

映画館で観た映画 64本(上半期30本、下半期34本)

続きを読む

2016年 年間マイベスト 

2016年劇場で観た映画は、64本でした。
その中から選んだ作品です。
(ちなみに2007年は123本、2008年は97本、2009年は88本、2010年は80本、2011年は95本、2012年は101本、2013年は79本、2014年は96本、2015年は66本。)
どの作品においても殆んど差はありません。

※新作のみ、旧作は除外。

うひゃ、昨年よりも2本少なくなっている…。
来年はもっと観れると良いな。
振り返ると今年もハリウッド映画が大健闘していた年だと思います。
「未体験ゾーンの映画たち」も年々充実度が増して来ているのも嬉しいです。
来年はさらに増えるそうで期待度高し!
そうそう、今年は観れた作品は少なかったですが、チョイスが上手くいったようで
どれも外れが無かったでした。良かった良かった。

続きを読む

2016年 下半期間マイベスト 

12月において、劇場で観た映画は、34本でした。
(ちなみに2007年は61本、2008年は43本、2009年は38本、2010年は37本、2011年は45本、2012年は46本、2013年は39本、2014年は51本、2015年は25本。)
前半よりはやや盛り返しましたが、
それにしても少ない……。

※新作のみ、旧作は除外。

続きを読む

2016年 上半期間マイベスト 

1-6月において、劇場で観た映画は、30本でした。
(ちなみに08年は54本、09年は48本、10年は43本、11年は50本、12年は55本、13年は44本、14年は45本、15年は41本。)
うはっ、今までで最低だ。
プライベートで忙しくなかなか観れませんでした。

※新作のみ、旧作は除外。

続きを読む

「幸せなひとりぼっち」 

170894_1.jpg
公式サイト
ヒューマントラストシネマ渋谷、公開2週目初回、シアター2 (173席)

**********************************************************************

評価:★★★★☆ ~ ★★★★★
(前評判の高さ通り心に染み入る良い映画でした。前半は爺さんの偏屈さを、中盤以降は少しずつ爺さんの過去とそれにおける現在が見えて来ます。人間ドラマですがビターな部分もあり単なるハートフルな映画に留まりません。切ないけれど可笑しく、悲しいけれど前向きになれるお話。あっ、スウェーデンの福祉政策の問題も垣間見えたりしました。日本に居ると北欧の福祉はバラ色に見えがちだけれど何処でも問題はあるようです。今年最後に素晴らしい映画と出会えました♪)

11:25開始、40分前に到着。
入場者数は8-9割程度。
品の良いお婆ちゃんが多かったような。

今週の新作 12/24 

今週は公開数が少ないです。
先週たくさん出たのでそれを消化して行きます。
↓は東金市にあるお蕎麦屋さん。美味。
mise6.jpg

続きを読む

「バイオハザード:ザ・ファイナル」 2D字幕版 

162525_1.jpg   162525_3.jpg
公式サイト
シネプレックス幕張、公開初日2回目、スクリーン7 (275席)

**********************************************************************

評価:★★★☆ ~ ★★★★
(キレイにスッキリ完結です!アクションや展開は特筆するものは無いけれど、過去の伏線をきちんと回収しただけでも満足であります。シリーズ途中はグダグダだっただけに満足度高し。そうそう、映像が最初から最後までトーンを落とした暗み掛かった映像なのですが、これは粗を隠すためか、なんて思ったり。敵役のウェスカー(ショーン・ロバーツ)は今回さっぱり見せ場はありませんが、その分アイザック博士(イアン・グレン)が大健闘、嫌な奴してます。敵役が嫌な奴であればあるほど作品が引き立ち面白いですね。)

13:50開始、2時間前に到着。
入場者数は8-9割程度。
3番目に大きな劇場です。
満席に近いものがありました!

今週の新作 12/17 - 12/23 

年末年始に向けて公開数が多いです!
どれから観たら良いのか嬉しい悲鳴です。
↓某ホテルでクリスマス・ビュッフェ。美味しかったです。
mise5.jpg

続きを読む

「ドント・ブリーズ」 

171195_1.jpg
公式サイト
TOHOシネマズみゆき座、公開初日初回、みゆき座 (183席)

**********************************************************************

評価:★★★★ ~ ★★★★☆
(評判通りとても面白かったです!押し入った強盗たちと対抗する独居老人、ギリギリの攻防戦はまさしく息もつかせぬ闘いです。ぞっとする真相に驚き、二転三転する展開は先が読めずハラハラドキドキしっぱなしでした…!あと凶暴な犬も恐ろしかった!)

10:30開始、25分前に到着。
入場者数は4割程度。
初日初回から人出多し!

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」 

170111_1.jpg
公式サイト
TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ、公開2週目2回目、スクリーン9 (129席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(「音痴の歌姫」実在した女性の人生も興味深いし、何よりキャスティングが最高です。主人公を演じたメリル・ストリープは本当は歌が上手いのにあえて外して歌うのは大変だったと想像します。夫のヒュー・グラントも嫌味ないアプローチが痺れました。ピアノ伴奏者のサイモン・ヘルバーグも狂言回し的な役どころで良い味出してました。ある夫婦愛のカタチ、素直に感動を貰える映画でした。)

15:10開始、1時間前に到着。
入場者数は4割程度。
平日ですが大人気です!

今週の新作 12/10 - 12/16 

風邪も徐々に回復中。
もっと早く病院に行けば良かった…。
↓はクリスマスのイルミネーションが華やかなイクスピアリ。
mise4.jpg

続きを読む

「五日物語-3つの王国と3人の女」 

171030_1.jpg
公式サイト
シネマイクスピアリ、公開3週目初回、シアター15 (164席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(好きだなあ、こういうダークファンタジー!自分好みの映画でした。荘厳でしかし妖しく残酷で、独創的な美さがあります。「母となること」「若さと美貌」「大人の世界への憧れ」…三人の女性が織りなす悲喜こもごもは時を経ても普遍的なテーマなのだなあとつくづく思う。17世紀のイタリア、バロック様式の建築物やインテリア、豪華絢爛な衣装を堪能出来て嬉しい。)

11:10開始、30分前に到着。
入場者数は3割程度。
女性多し。

今週の新作 12/03 - 12/09 

風邪がなかなか完治せず、熱が上がったり下がったりです。
↓は引き続き銀杏並木。ピークを少し過ぎてました。
kouen15.jpg

続きを読む

「ブレア・ウィッチ」 

170963_1.jpg
公式サイト
TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ、公開初日初回、スクリーン2 (178席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(本国での評価は低いようですが、自分的は面白かったです!「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の正当な続編とのことですが、なるほど、オリジナルから20年を経た物語をきちんと引継ぎ、ラストの謎にもちょっぴり迫ります。POV映画ならではのカメラのブレや臨場感はオリジナルを上回る程だけれど、不思議とカメラ酔いや気分の悪さはありません。それだけ見せる映像が格段に進歩したのでしょう。ああいう場面になったらホント怖いなあと自分もスクリーンの中に居て一緒に慄きました。)

13:20開始、1時間前に到着。
入場者数は5割程度。
男性一人者、カップルが多かったです。