今週の新作 11/10 - 11/13  - 11/14 

公開数は多いですが、必見はぼちぼち。

**********************************************************************

(11/10公開)
 ■悪の教典・・・TOHOシネマズ 日劇、シネマイクスピアリ 他
 ■あの娘が海辺で踊ってる〈完全版〉・・・ポレポレ東中野
 ■《『あらしのよるに~ひみつのともだち~』シアターセレクション 出会い編》
    ・・・ワーナー・マイカル・シネマズ板橋、ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典 他
 ■映画と恋とウディ・アレン・・・TOHOシネマズ シャンテ
 ■EXILE PRIDE 2・・・シネマライズ
 ■カミハテ商店・・・ユーロスペース
 ■教授とわたし、そして映画・・・シネマート新宿
 ■ゲットバック
   ・・・新宿TOKYU MILANOビル/シネマスクエアとうきゅう、ユナイテッド・シネマ豊洲 他
 ■388・・・新宿バルト9
 ■《『THE BEATNIKS Live 2011“LET's GO TO BEATOWN”』特別上映会》
       ・・・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
 ■CM タイム・・・ワーナー・マイカル・シネマズ板橋
 ■JUDGEMENT・・・池袋シネマ・ロサ
 ■太陽は待ってくれない・・・テアトル新宿
 ■駄作の中にだけ俺がいる・・・ユーロスペース
 ■チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~
        ・・・ヒューマントラストシネマ有楽町 他
 ■次の朝は他人・・・シネマート新宿
 ■長良川ド根性・・・ポレポレ東中野
 ■ねらわれた学園・・・新宿ピカデリー、京成ローザ(10) 他
 ■華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ 前篇・・・シネマサンシャイン池袋
 ■ハハハ・・・シネマート新宿
 ■バビロン2 -THE OZAWA- ・・・アップリンク X
 ■Playback・・・オーディトリウム渋谷
 ■Mr.アイドル・・・シネマート六本木
 ■ミラクルツインズ・・・アップリンク X
 ■行方不明・・・オーディトリウム渋谷
 ■よく知りもしないくせに・・・シネマート新宿
 ■ よりよい明日・・・下北沢トリウッド

(11/13公開)
 ■《Coldplay『ライヴ2012』》
     ・・・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ 他

(11/14公開)
 ■《アジア最終予選 パブリックビューイング オマーン代表×日本代表戦》
     ・・・新宿バルト9
 ■《英国ロイヤル・バレエ団 『マノン』》
     ・・・ワーナー・マイカル・シネマズ板橋、ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典 他

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「ゲットバック」「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「アパートメント:143」「トールマン」「ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「声をかくす人」「ザ・レイド」「シャドー チェイサー」「リンカーン/秘密の書」
「菖蒲」
「推理作家ポー 最期の5日間」
「ル・コルビュジエの家」
「白雪姫と鏡の女王」

**********************************************************************

今週の必見は2本、思案中は3本です。
先週見逃してしまった「声をかくす人」はまたしても見逃してしまいました(涙)今週こそは絶対観に行きます!
まずは週の前半に豊洲で「ゲットバック」を、週後半は「声をかくす人」を観に行きます。
「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~」は翌週に持越しです。

三池崇史監督、伊藤英明主演の「悪の教典」は時間があったら、「映画と恋とウディ・アレン」は都内ではシャンテのみの公開なので少々腰が重いです。「388」はヴィンチェンゾ・ナタリが製作総指揮を務めているので気になっていますがレイトなので断念です。

▼「ゲットバック」 →ニコラス・ケイジが「コン・エアー」以来となるサイモン・ウェスト監督とのタッグで贈るクライム・アクション。共演はジョシュ・ルーカス、マリン・アッカーマン。銀行強盗で刑務所に入り出所、娘を誘拐されタイムリミットの中奪還…という設定はニコしゃんの映画で似たようなのを何度か観た気が(汗)でも大喜びですっ飛びます!
▼「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~」 →アニメ「ペルセポリス」で注目されたイラン出身の女流監督マルジャン・サトラピが、自身初の実写作品に挑んだコメディ・ドラマ。主演はマチュー・アマルリック、共演にマリア・デ・メディロス、イザベラ・ロッセリーニ、ゴルシフテ・ファラハニ。「ベルセポリス」が良かったのでこちらも観たいです。有楽町なのですわっと観に行きます。

▽第三回午前十時の映画祭・・・TOHOシネマズ