今週の新作 04/13 - 04/19 

ミニシアター系の作品が豊作です。

**********************************************************************

(04/13公開)
 ■AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~
           ・・・シネ・リーブル池袋、テアトル新宿、京成ローザ(10)
 ■HK 変態仮面・・・新宿バルト9、T・ジョイ蘇我 他
 ■ガチバン スプレマシー・・・ヒューマントラストシネマ渋谷
 ■ガレキとラジオ・・・ヒューマントラストシネマ渋谷
 ■コズモポリス・・・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館
 ■ごくつまの恋・・・池袋シネマ・ロサ
 ■桜並木の満開の下に・・・テアトル新宿
 ■サムライダッシュ・・・シネ・リーブル池袋
 ■ザ・パック  餌になる女・・・ヒューマントラストシネマ渋谷
 ■《ザンドナーイ『フランチェスカ・ダ・リミニ』》・・・東劇、渋谷シネパレス 他
 ■天使の分け前・・・ 銀座テアトルシネマ
 ■トラベラーズ 次元警察・・・角川シネマ新宿
 ■ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー
    ・・・TOHOシネマズ 日劇、ヒューマントラストシネマ渋谷、三丁目]新宿バルト9
 ■舟を編む・・・ 丸の内ピカデリー、ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典 他
 ■フリア よみがえり少女・・・ヒューマントラストシネマ渋谷
 ■ブルーノのしあわせガイド・・・シネスイッチ銀座
 ■ライジング・ドラゴン・・・角川シネマ有楽町、シネマイクスピアリ 他

(04/19公開)
 ■カルテット!人生のオペラハウス
       ・・・TOHOシネマズ シャンテ、ル・シネマ、京成ローザ(10) 他
 ■リンカーン・・・TOHOシネマズ 日劇、シネマイクスピアリ 他

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「コズモポリス」「天使の分け前」「ブルーノのしあわせガイド」「カルテット!人生のオペラハウス」「リンカーン」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「海と大陸」「カレ・ブラン」「君と歩く世界」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「チャイルドコール 呼声」
「アンナ・カレーニナ」
「汚れなき祈り」
「オズ はじまりの戦い」「野蛮なやつら/SAVAGES」
「マーサ、あるいはマーシー・メイ」「フライト」
「世界にひとつのプレイブック」
「レ・ミゼラブル」

**********************************************************************

今週の必見は5本、思案中は2本です。
見逃し中の「汚れなき祈り」はまたまた見損ないました(汗)もうしばらく上映していると思うので安心していますが、油断は禁物ですね。
今週の新作では、まず「天使の分け前」をすっ飛びで観に行き、日を置いて「ブルーノのしあわせガイド」を観に行きます。
「コズモポリス」と金曜日初日の「カルテット!人生のオペラハウス」「リンカーン」は翌週に持越しします。

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「ザ・パック  餌になる女」 →若い女性が中年女に捕まり、モンスターの餌として監禁される恐怖を描いたフランス発のバイオレンス・ホラー。監督は本作がデビュー作となるフランク・リシャール。出演は「ロゼッタ」のエミリー・ドゥケンヌ、「セラフィーヌの庭」のヨランド・モロー。
▽「フリア よみがえり少女」 →ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した「悲しみのミルク」の製作者アントニオ・チャバリアスが監督したスペイン発ホラー・サスペンス。

▼「コズモポリス」 →デヴィッド・クローネンバーグ監督が、アメリカ文学を代表する巨匠ドン・デリーロの同名小説を、主演にロバート・パティンソンを迎えて映画化した文芸サスペンス。ロバート・パティンソンにはあまり惹かれませんが(汗)クローネンバーグ監督と脇役が良いので楽しみにしています。
▼「天使の分け前」 →イギリスの名匠ケン・ローチ監督の最新作。荒んだ環境に生まれ育ったスコットランドの若者を主人公に描くハートフル・コメディ。2012年のカンヌ映画祭で審査員賞を受賞。今週一番観たい作品です。すっ飛びで観に行きます。
▼「ブルーノのしあわせガイド」 →イタリア映画界で長く脚本家として活躍中のフランチェスコ・ブルーニが、50代にして初監督・原案・脚本を手がけたハートウォーミング・コメディ。監督は本作がデビュー作となるフランチェスコ・ブルーニ。主演は「アメリカから来た男」のファブリッツィオ・ベンティヴォリオ、共演にフィリッポ・シッキターノ、バルボラ・ボブローヴァ。こちらも必見です!出来れば今週中に観たいです。
▼「カルテット!人生のオペラハウス」 →「潜水服は蝶の夢を見る」「戦場のピアニスト」を手がけたロナルド・ハーウッドによる原作戯曲をもとに、名優ダスティン・ホフマンが初めてメガホンをとった笑いと涙の感動作。出演はマギー・スミス、トム・コートネイ、ビリー・コノリー、ポーリーン・コリンズなど。最近ご老人が頑張る映画が多い気がします。こちらも名優揃いで楽しみです。
▼「リンカーン」 →スティーヴン・スピルバーグ監督が、エイブラハム・リンカーンの偉大な足跡を映画化した感動の伝記ドラマ。主演は本作の演技で「マイ・レフトフット」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」に続いて、みごと3度目のアカデミー主演男優賞に輝いた名優ダニエル・デイ=ルイス。共演はサリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、トミー・リー・ジョーンズ。何かと話題作そして3度目の主演男優賞の演技を堪能したいです。

▽新・午前十時の映画祭・・・TOHOシネマズ(2013年4月6日(土)~2014年3月21日(金) 全50週間)