今週の新作 06/08 - 06/14 

なかなか思うようには…

**********************************************************************

(06/08公開)
 ■エンド・オブ・ホワイトハウス・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■奇跡のリンゴ・・・TOHOシネマズ 日劇、シネマイクスピアリ 他
 ■クソすばらしいこの世界・・・ポレポレ東中野
 ■コレクター
     ・・・新宿TOKYU MILANOビル/シネマスクエアとうきゅう、京成ローザ(10)
 ■極道の妻〈つま〉たち Neo・・・新宿バルト9、 T・ジョイ蘇我 他
 ■ザ・スター 美空ひばり~大人の音楽祭~・・・新宿バルト9、 T・ジョイ蘇我 他
 ■世界が食べられなくなる日・・・アップリンク X、アップリンク・ファクトリー
 ■蒼白者 A Pale Woman・・・ユーロスペース
 ■DANCE EARTH ~BEAT TRIP~・・・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
 ■箱入り息子の恋・・・テアトル新宿、シネマイクスピアリ 他
 ■ハル・・・新宿ピカデリー、MOVIX柏の葉
 ■ラーメンより大切なもの~東池袋 大勝軒 50年の秘密~・・・シネマサンシャイン池袋
 ■ローマでアモーレ・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他

(06/14公開)
 ■インポッシブル・・・TOHOシネマズ シャンテ、シネマイクスピアリ 他
 ■華麗なるギャツビー・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■絶叫学級・・・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、TOHOシネマズ 船橋ららぽーと 他

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「エンド・オブ・ホワイトハウス」「コレクター」「ローマでアモーレ」「インポッシブル」「華麗なるギャツビー」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「バレット」「パパの木」「マニアック」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「アンチヴァイラル」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」
「愛さえあれば」「モネ・ゲーム」
「恐怖と欲望」
「孤独な天使たち」
「カルテット!人生のオペラハウス」「リンカーン」
「アンナ・カレーニナ」
「レ・ミゼラブル」

**********************************************************************

今週の必見は5本、思案中は0本です。
先週は何とか2本でした。
「愛さえあれば」はなんとしてでも今週中に、「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」は時間的に難しくなって来ましたがどうしても観たい作品です。
「アンチヴァイラル」「カルテット!人生のオペラハウス」「リンカーン」「孤独な天使たち」「恐怖と欲望」も観たいですが時間的にかなり難しくなって来ました。
新作では翌週に持ち越しですが、「ローマでアモーレ」「インポッシブル」「華麗なるギャツビー」はとりあえず観る予定です。

観たいけど観に行けそうにない作品
▽----------

▼「エンド・オブ・ホワイトハウス」 →ホワイトハウスが乗っ取られ、訳ありシークレットサービスが合衆国最大の危機に立ち向かうサスペンス・アクション。監督は「トレーニング デイ」のアントワーン・フークア。主演ジェラルド・バトラー、共演にアーロン・エッカート、モーガン・フリーマン。よくある占拠もののアクション映画かと思っていたのであまり触手が沸かなかったのですが、結構評判良いようで、時間あったら観に行こうかな、と思ってます。
▼「コレクター」 →実際に起きた通称“ゲイリー・ハイドニック事件”を題材にしたサイコ・サスペンス。主演ジョン・キューザック、共演にジェニファー・カーペンター、ダラス・ロバーツ。有名な事件なのでとても気になります。ジョン・キューザックもちょい久し振りです。
▼「ローマでアモーレ」 →ウディ・アレンが脚本・監督・出演を兼ねて、ローマを舞台に描いた群像ラブ・コメディ。共演に、ジュディ・デイヴィス、ペネロペ・クルス、アレック・ボールドウィン、ジェシー・アイゼンバーグ、エレン・ペイジ、ロベルト・ベニーニなど。豪華キャストが勢揃い。自分的にはアレン監督が出演しない方が好きなのですが(苦笑)近くのシネコンで上映しているのでスワッと観に行きます!
▼「インポッシブル」 →2004年に起こったスマトラ島沖地震に遭遇し、はなればなれになりながらも再会を信じて過酷な状況を生き抜いた家族の姿を実話を基に描いたヒューマン・ドラマ。監督は「永遠のこどもたち」のJ・A・バヨナ。出演ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ。監督&キャスト共にお気に入りの方々、題材も今是非観ておくべき映画だと思います。
▼「華麗なるギャツビー」 →F・スコット・フィッツジェラルドのアメリカ文学を代表する名作を、レオナルド・ディカプリオ主演、バズ・ラーマン監督で映画化。共演にトビー・マグワイア、キャリー・マリガン。「華麗なるギャツビー」」というと自分の中ではレッドフォードなのですが、さてこちらはどうでしょうか?とりあえず観に行きます。

▽新・午前十時の映画祭・・・TOHOシネマズ(2013年4月6日(土)~2014年3月21日(金) 全50週間)