今週の新作 07/20 - 07/26 

暑さも少し和らいだり。

**********************************************************************

(07/20公開)
 ■ABC・オブ・デス・・・新宿武蔵野館
 ■怪談新耳袋殴り込み!劇場版〈魔界編 後編〉・・・渋谷シネパレス
 ■風立ちぬ・・・TOHOシネマズ スカラ座・みゆき座、シネマイクスピアリ 他
 ■風と共に去りぬ!?・・・K's cinema
 ■カルト・・・ユーロスペース
 ■牙狼外伝 桃幻の笛・・・シネ・リーブル池袋
 ■クロワッサンで朝食を・・・シネスイッチ銀座
 ■最後のマイ・ウェイ・・・ル・シネマ
 ■シャニダールの花・・・テアトル新宿、吉祥寺バウスシアター、シネプレックス幕張
 ■SHORT PEACE・・・丸の内ピカデリー、京成ローザ(10) 他
 ■処女の泉〈デジタルリマスター版〉・・・ユーロスペース
 ■ソレイユのこどもたち・・・K's cinema
 ■第七の封印〈デジタルリマスター版〉・・・ユーロスペース
 ■夏がはじまる・・・K's cinema
 ■野いちご〈デジタルリマスター版〉・・・ユーロスペース
 ■爆心 長崎の空・・・東劇、ヒューマントラストシネマ渋谷
 ■ひろしま 石内都・遺されたものたち・・・岩波ホール
 ■不安の種・・・シネクイント
 ■ロスト・メモリー・・・ヒューマントラストシネマ渋谷
 ■ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡・・・ユーロスペース

(07/26公開)
 ■31年目の夫婦げんか・・・TOHOシネマズ シャンテ、京成ローザ(10) 他

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「クロワッサンで朝食を」「最後のマイ・ウェイ」「処女の泉〈デジタルリマスター版〉」「第七の封印〈デジタルリマスター版〉」「野いちご〈デジタルリマスター版〉」「31年目の夫婦げんか」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲」「熱波」「バーニー/みんなが愛した殺人者」「パリ猫ディノの夜」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「25年目の弦楽四重奏」
「コン・ティキ」
「アンコール!!」「ハングオーバー!!! 最後の反省会」
「スプリング・ブレイカーズ」
「ローマでアモーレ」「インポッシブル」
「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」
「カルテット!人生のオペラハウス」
「レ・ミゼラブル」

**********************************************************************

今週の必見は6本、思案中は1本です。
まずは見逃し中の「25年目の弦楽四重奏」と「アンコール!!」は外せません。
「飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲」「パリ猫ディノの夜」も頑張って観に行きたいところですが行けるでしょうか。
あと、「バーニー/みんなが愛した殺人者」も評判良いので気になってます。
<イングマール・ベルイマン3大傑作選>は、4週間限定上映ですが、のんびりしていると見逃してしまう恐れありなので、なるべく早めに観に行くとします。
そうそう、「ABC・オブ・デス」もホラーファンとしては非常に気になるところですが、26人分とはちと多くないですか?(苦笑)お家でゆっくり観た方が良いのではないかと思ったり。

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「ABC・オブ・デス」 →世界中で活躍する26人のホラー映画監督たちが、アルファベット順に26の“死の物語“を綴るホラー・オムニバス。日本からは「片腕マシンガール」の井口昇、「地獄甲子園」山口雄大、「東京残酷警察」西村喜廣が参加。

▼「クロワッサンで朝食を」 →本作で長編映画監督デビューを果たした、エストニアの新鋭イルマル・ラーグ監督が自身の母親の実話をベースに描いた感動のヒューマンドラマ。ジャンヌ・モロー主演。家政婦と孤独で気難しい老婦人との心の交流を描いた作品。時間があれば観たいです。
▼「最後のマイ・ウェイ」 →1960~70年代のフランスで絶大な人気を博したクロード・フランソワの伝記映画。フランク・シナトラの大ヒット曲で、エルヴィス・プレスリーらにカバーされた「マイ・ウェイ」の原曲「Comme d'habitude」の誕生秘話を盛り込み、知られざるスーパースターの実像に迫る。監督は「スズメバチ」「いのちの戦場 -アルジェリア1959-」のフローラン・エミリオ・シリ。主演ジェレミー・レニエ。 共演にブノワ・マジメル、モニカ・スカッティーニなど。監督、キャスト共に気になる作品です。ジェレミー・レニエの作品は結構観ていてお気に入りの俳優さんなので本作も観てみたい。それにしても「マイ・ウェイ」はシナトラのオリジナルだと思っていました…!
▼「処女の泉〈デジタルリマスター版〉」 →第33回アカデミー賞 外国語映画賞、第17回ゴールデン・グローブ賞をはじめ、数々の賞に輝くベルイマンの代表作。
▼「第七の封印〈デジタルリマスター版〉」 →第10回カンヌ国際映画祭 審査員特別賞。
▼「野いちご〈デジタルリマスター版〉」 →第8回ベルリン国際映画祭 金熊賞。
▼「31年目の夫婦げんか」 →トミー・リー・ジョーンズとメリル・ストリープが熟年夫婦を演じる感動ドラマ。監督は「プラダを着た悪魔」のデヴィッド・フランケル。共演にスティーヴ・カレル。ちょっと意外なキャスティング?な名優二人の演技を堪能したいです。

▽新・午前十時の映画祭・・・TOHOシネマズ(2013年4月6日(土)~2014年3月21日(金) 全50週間)