今週の新作 10/05 - 10/11 

なかなか観れないので追い付きません…。

**********************************************************************

(10/05公開)
 ■R100・・・丸の内ルーブル、シネマイクスピアリ 他
 ■エビデンス-全滅-・・・ヒューマントラストシネマ渋谷
 ■書くことの重さ 作家 佐藤泰志・・・K's cinema
 ■今日子と修一の場合・・・新宿ピカデリー、MOVIX昭島
 ■《ゲキ×シネ》シレンとラギ・・・新宿バルト9、シネマイクスピアリ 他
 ■恋のベビーカー大作戦・・・ヒューマントラストシネマ渋谷
 ■天国の門 〈デジタル修復完全版〉・・・シネマート新宿
 ■飛べ!ダコタ
    ・・・新宿TOKYU MILANOビル/シネマスクエアとうきゅう、有楽町スバル座 他
 ■NEW NEIGHBOR・・・アップリンク X
 ■ハーフ・・・アップリンク X
 ■バトル・オブ・ヒロミくん!~The High School SAMURAI BOY~
             ・・・キネカ大森、ヒューマントラストシネマ渋谷
 ■WHO IS THAT MAN!? あの男は誰だ!?・・・ポレポレ東中野
 ■フローズン・グラウンド・・・有楽町スバル座、シネマート新宿、池袋シネマ・ロサ
 ■ブルー 初めての空へ・・・イオンシネマ板橋、イオンシネマ市川妙典 他
 ■ボン脳即菩薩・・・イオンシネマ板橋
 ■マリリン・モンロー 瞳の中の秘密・・・新宿ピカデリー、京成ローザ(10)
 ■ムード・インディゴ~うたかたの日々~・・・新宿バルト9、シネマイクスピアリ 他
 ■ランナウェイ/逃亡者・・・新宿武蔵野館、シネマイクスピアリ 他
 ■レッド・ドーン・・・新宿バルト9、シネプレックス幕張 他

(10/11公開)
 ■死霊館・・・ユナイテッド・シネマ豊洲、新宿ピカデリー 他
 ■トランス・・・TOHOシネマズ シャンテ、シネプレックス幕張 他

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「天国の門 〈デジタル修復完全版〉」「フローズン・グラウンド」「ムード・インディゴ うたかたの日々」「ランナウェイ/逃亡者」「死霊館」「トランス」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「麗しのサブリナ〈デジタルリマスター版」「タンゴ・リブレ 君を想う」「ティファニーで朝食を〈デジタルリマスター版〉」「パリの恋人〈デジタルリマスター版〉」「ロード・オブ・セイラム」「パッション」「ルノワール 陽だまりの裸婦」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「ウォーム・ボディーズ」「クロニクル」
「ポルトガル、ここに誕生す ギマランイス歴史地区」「エリジウム」「ビザンチウム」
「大統領の料理人」「許されざる者」「私が愛した大統領」
「オン・ザ・ロード」「マン・オブ・スティール」
「ホワイトハウス・ダウン」
「クロワッサンで朝食を」
「31年目の夫婦げんか」

**********************************************************************

今週の必見は6本、思案中は4本です。
ふー、先週は何とか2本観れました。
しかし、今週、見逃し中とわんさかあって、どれから観るべきか思案してしまいます。
見逃し中では「ロード・オブ・セイラム」は外せないし「パッション」も観たいし。
シネマイクスピアリで公開中の「大統領の料理人」「マジック・マイク」も観たいところです。
新作では「ムード・インディゴ~うたかたの日々~」は近くのシネコンで上映なのでスワッと観に行けそう。
金曜初日の「死霊館」「トランス」は翌週に持越しです。
「エビデンス-全滅-」も気になりますが夜からの上映なので残念。

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「エビデンス-全滅-」 →「THE 4TH KIND フォース・カインド」のオラトゥンデ・オスンサンミ監督による異色スリラー。主演ラダ・ミッチェル、共演にスティファン・モイヤー。
▽「恋のベビーカー大作戦」 →「黒いスーツを着た男」での好演が記憶に新しい注目の仏俳優ラファエル・ペルソナ主演のラブコメディ。モデルのカナダ人女優シャルロット・ルボンが共演。
▽「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」 →女性ドキュメンタリー監督リズ・ガーバスが、わずか36歳でこの世を去ったマリリン・モンローの没後50年を経て初公開された直筆の手紙や日記をもとに、彼女の知られざる内面にスポットを当てた人物ドキュメンタリー。
▽「レッド・ドーン」 →米ソ冷戦時代を背景に描かれたジョン・ミリアス監督の84年作品「若き勇者たち」を、クリス・ヘムズワースはじめフレッシュな若手キャストの共演でリメイクした戦争サバイバル・アクション。

▼「天国の門 〈デジタル修復完全版〉」 →「ディア・ハンター」で成功したマイケル・チミノ監督が壮大なスケールで製作するも、興行面での大失敗により映画史上にその名を刻んだいわくつきの大作がデジタル技術で完全復活。実はこの作品は未見だったりします。この機会に劇場で観れると良いのですが。そうそうは劇場公開しないと思うので。でも長いのが難点だったり…。
▼「フローズン・グラウンド」 →冬のアラスカを舞台に、80年代に全米を震撼させた実在の連続猟奇殺人犯とその逮捕に執念を燃やす地元警察官の息詰まる攻防を描いたクライム・サスペンス。監督は本作が長編デビューのスコット・ウォーカー。主演はニコラス・ケイジとジョン・キューザック、共演にヴァネッサ・アン・ハジェンズ。ニコしゃん主演の映画なのに巷では殆ど話題になっていない(汗)近年ではこういったサスペンス・アクションの出演が続いていますね。ニコしゃんの新作、とりあえずすっ飛びたいです。
▼「ムード・インディゴ うたかたの日々」 →ミシェル・ゴンドリー監督がボリス・ヴィアンの名作「うたかたの日々」を、原作の独創的な世界観そのままにイマジネーションあふれるヴィジュアルで映画化した切なくも美しい恋愛ファンタジー。主演はロマン・デュリスとオドレイ・トトゥ。近くのシネコンで上映しているので助かりました!監督・キャスト共に必見です。
▼「ランナウェイ/逃亡者」 →ロバート・レッドフォードが監督・主演を務め、シャイア・ラブーフ、ジュリー・クリスティ、スーザン・サランドンはじめ豪華キャストのアンサンブルで贈る社会派サスペンス・ドラマ。レッド・フォード、ちょい久し振りです。手堅いドラマと思うので、時間があったら観たいです。
▼「死霊館」 →ジェームズ・ワン監督が、実在する著名な超常現象研究家エド&ロレーヌ・ウォーレン夫妻が1971年に体験した衝撃の事件を基に描く戦慄のオカルト・ホラー。出演はヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、リリ・テイラー、ロン・リヴィングストン。ジェームズ・ワンの新作となればすっ飛んで見に行かねばなりません。楽しみ!
▼「トランス」 →ダニー・ボイル監督がジェームズ・マカヴォイを主演に迎えて贈るサスペンス。共演はヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン。近くのシネコンで上映なので助かりました。ダニー・ボイル監督目当てで見に行きます。

▽新・午前十時の映画祭・・・TOHOシネマズ(2013年4月6日(土)~2014年3月21日(金) 全50週間)