今週の新作 10/19 - 10/25 

台風が続きます。

**********************************************************************

(10/19公開)
 ■アルカナ・・・ヒューマントラストシネマ渋谷、京成ローザ(10)
 ■ガチバン エクスペンデット・・・ヒューマントラストシネマ渋谷
 ■危険なプロット・・・ヒューマントラストシネマ有楽町、京成ローザ(10)
 ■キタキツネ物語-35周年リニューアル版-
         ・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■殺人漫画・・・シネマート新宿
 ■ザ・ストーン・ローゼズ:メイド・オブ・ストーン
      ・・・TOHOシネマズ 渋谷、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
 ■蠢動-しゅんどう-・・・有楽町スバル座、千葉劇場 他
 ■人類資金・・・丸の内ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■地中海式人生のレシピ・・・シネマート六本木
 ■眠れる美女・・・シアター・イメージフォーラム
 ■101回目のプロポーズ~SAY YES~
      ・・・角川シネマ新宿、TOHOシネマズ 船橋ららぽーと 他
 ■ブロークンシティ・・・新宿バルト9、T・ジョイ蘇我 他
 ■マイク・ミルズのうつの話・・・アップリンク X
 ■もうひとりの息子・・・シネスイッチ銀座

(10/25公開)
 ■グランド・イリュージョン・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■情事・・・ラピュタ阿佐ヶ谷
 ■マダム・マーマレードの異常な謎 出題編
       ・・・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、シネマ メディアージュ 他

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「危険なプロット」「眠れる美女」「ブロークンシティ」「もうひとりの息子」「グランド・イリュージョン」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「ファントム 開戦前夜」「ゴースト・エージェント/R.I.P.D.」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「天国の門 〈デジタル修復完全版〉」「フローズン・グラウンド」「ランナウェイ/逃亡者」「トランス」
「タンゴ・リブレ 君を想う」「パッション」「ルノワール 陽だまりの裸婦」
「ウォーム・ボディーズ」「クロニクル」
「ポルトガル、ここに誕生す ギマランイス歴史地区」「ビザンチウム」
「大統領の料理人」「許されざる者」「私が愛した大統領」
「オン・ザ・ロード」「マン・オブ・スティール」
「ホワイトハウス・ダウン」
「クロワッサンで朝食を」
「31年目の夫婦げんか」

**********************************************************************

今週の必見は5本、思案中は1本です。
先週は珍しくホラーが2本でした。
先に観た方はとても面白く、後の方は期待外れで少々眠くなってしまったりと、極端な2本でありました。
さて、今週は、シネマイクスピアリで公開中の「大統領の料理人」をそろそろ観に行かないと終わってしまうので今週中に観に行きます。
新作では「危険なプロット」も今週中に、「もうひとりの息子」「グランド・イリュージョン」は来週に持越します。
その他見逃し中では、「パッション」「フローズン・グラウンド」「トランス」「ファントム 開戦前夜」を何とかして観たいところです。
あ、「ゴースト・エージェント/R.I.P.D.」は皆さんの評判がイマイチなので流すことにしました。

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「地中海式人生のレシピ」 →“エル・ブリ“のフェラン・アドリアのほかスペイン全土のミシュラン三ツ星レストランのシェフたちが全面協力をして作られたスペイン発のヒューマン・ドラマ。主演はオリビア・モリーナ、共演にパコ・レオン、アルフォンソ・バッサベ。

▼「危険なプロット」 →フランソワ・オゾン監督の新作。高校で文学を教える教師が、文才あふれる生徒の書いた作品に翻弄されていく様を描いたスリリングな心理戦のドラマ。主演は新鋭エルンスト・ウンハウアーとフランスの名優ファブリス・ルキーニ、共演にクリスティン・スコット・トーマス。オゾン監督の新作は外せません!有楽町は激混みの予感なのであえて千葉に行こうかと考え中。
▼「眠れる美女」 →「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」のイタリアの巨匠マルコ・ベロッキオ監督が実際の事件を基に描き出す人間ドラマ。出演はトニ・セルヴィッロ、イザベル・ユペール、アルバ・ロルヴァケル、マヤ・サンサ。
▼「ブロークンシティ」 →「フロム・ヘル」「ザ・ウォーカー」のアレン・ヒューズ監督によるクライム・サスペンス。出演はマーク・ウォールバーグ、ラッセル・クロウ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ。豪華キャスト陣なのに何故か上映館が少ないです。時間があったら観に行きたいです。
▼「もうひとりの息子」 →イスラエルとパレスチナの問題を背景に子供の取り違え事件を題材に描き出したヒューマン・ドラマ。監督は本作が長編3作目となるロレーヌ・レヴィ。主演エマニュエル・ドゥヴォス。2012年の東京国際映画祭ではグランプリと最優秀監督賞の2冠に輝いた作品。これは必見!しばらく上映していると思うのでぼちぼち観に行きたいです。
▼「グランド・イリュージョン」 →“フォー・ホースメン“と呼ばれるマジックのスペシャリストたちの奇想天外な強盗計画をスタイリッシュな演出で描いたクライム・サスペンス。監督は「トランスポーター」「タイタンの戦い」のルイ・ルテリエ。主演ジェシー・アイゼンバーグ、共演はマーク・ラファロ、ウディ・ハレルソン、メラニー・ロラン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン。予告編で何度も観ましたが、これはまさに映画館で見るべき映画な気がします。なるべく大きなスクリーンで観たいです。

▽新・午前十時の映画祭・・・TOHOシネマズ(2013年4月6日(土)~2014年3月21日(金) 全50週間)