今週の新作 11/02 - 11/08 

なかなか観に行けません…。

**********************************************************************

(11/02公開)
 ■女っ気なし・・・ユーロスペース
 ■寄生体X・・・ヒューマントラストシネマ渋谷
 ■セブン・サイコパス・・・新宿武蔵野館、ユナイテッド・シネマ豊洲
 ■疎開した40万冊の図書・・・東京都写真美術館ホール
 ■《大英博物館 ポンペイ展 ~ポンペイとエルコラーノ、その生と死~》
      ・・・東京都写真美術館ホール
 ■父の秘密・・・ユーロスペース
 ■人間 -ningen-・・・オーディトリウム渋谷
 ■ばしゃ馬さんとビッグマウス・・・丸の内TOEI、シネクイント 他
 ■Father・・・シネマート新宿
 ■武器人間・・・シネクイント
 ■プレミアム・ラッシュ・・・シネマカリテ
 ■《METライブビューイング2013-14/チャイコフスキー『エフゲニー・オネーギン』》
       ・・・東劇、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 他
 ■夜明け前 朝焼け中・・・新宿バルト9
 ■琉球バトルロワイアル・・・シネマート六本木
 ■レッドマリア それでも女は生きていく・・・シアター・イメージフォーラム
 ■んで、全部、海さ流した。・・・ユーロスペース
 ■ヴァン・ゴッホ・・・シアター・イメージフォーラム

(11/08公開)
 ■キャリー・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■JUDGE/ジャッジ ・・・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、渋谷HUMAXシネマ 他

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「セブン・サイコパス」「キャリー」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「セイフ ヘイヴン」「デッドマン・ダウン」「ある愛へと続く旅」「恋するリベラーチェ」「2ガンズ」「42~世界を変えた男~」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「眠れる美女」「ブロークンシティ」「もうひとりの息子」
「ゴースト・エージェント/R.I.P.D.」
「天国の門 〈デジタル修復完全版〉」「フローズン・グラウンド」「ランナウェイ/逃亡者」
「タンゴ・リブレ 君を想う」「パッション」「ルノワール 陽だまりの裸婦」
「クロニクル」
「許されざる者」「私が愛した大統領」

**********************************************************************

今週の必見は2本、思案中は6本です。
先週は2本でした。
今週は所用が入りなかなか観に行けない予感大です。
見逃し中の「デッドマン・ダウン」は観に行きたかったですが、だんだん難しくなって来ました。
新作では「セブン・サイコパス」は絶対に観に行きます。
「武器人間」はとても楽しみにしていたのですがレイトなので断念、ガッカリです。涙

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「女っ気なし」 →フランスの新鋭ギヨーム・ブラック監督が手がける人間ドラマ。本作と対をなす同一主人公の短編映画「遭難者」も同時上映。
▽「寄生体X」 → フランスの新鋭として脚光を浴びるデビット・ショレワ監督によるSFアクション。彗星の接近とともに襲来した凶暴な寄生体と、人間たちの戦いを描く。「遊星からの物体X」や「スペースバンパイア」などSFホラー映画へのオマージュが随所に登場。
▽「父の秘密」 →メキシコの新鋭ミシェル・フランコ監督の長編2作目にして第65回カンヌ国際映画祭“ある視点”部門グランプリに輝いた狂気と暴力の戦慄ドラマ。
▽「武器人間」 →ナチスのマッドサイエンティストが、死体に様々な機械を合体させた不死身の兵士を大量生産してロシア軍を相手に大暴れするさまをPOVスタイルで描き出したアクション・ホラー。監督はオランダを代表するCMディレクターの一人で、本作が長編デビューとなる期待の新鋭、リチャード・ラーフォースト。主演は「ヘルボーイ」のカレル・ローデン。
▽「プレミアム・ラッシュ」 →ジョセフ・ゴードン・レヴィット主演のアクション大作。ある荷物を受け取ったことで恐るべき陰謀に巻き込まれていくバイクメッセンジャーの逃走劇を描く。
▽「ヴァン・ゴッホ」 →フランスの名匠モーリス・ピアラが、自身の敬愛する画家ヴァン・ゴッホの晩年を描いた人間ドラマ。ゴッホが療養のために訪れた村で過ごした死までの日々を描く。

▼「セブン・サイコパス」 →アイルランドの劇作家マーティン・マクドナーが、監督デビュー作「ヒットマンズ・レクイエム」に続いて再びコリン・ファレル主演で描くクライム・コメディ。共演はクリストファー・ウォーケン、サム・ロックウェル、ウディ・ハレルソン、トム・ウェイツ。予告編を観て楽しみにしていました!キャストもツボな方々がたくさん出演しているのも嬉しいです♪
▼「キャリー」 →1976年にブライアン・デ・パルマが実写化したスティーブン・キングの同名小説を、「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー・ピアース監督、クロエ・グレース・モレッツ主演で再映画化。共演ジュリアン・ムーア。うーん、観るか観まいか迷っています。オリジナルは美人では無いシシー・スペイセクだからこそいじめられる要因があったし、愛らしいクロエちゃんでは信ぴょう性が無いと思うのですが…皆さんの評判で観に行くか決めるとします。

▽新・午前十時の映画祭・・・TOHOシネマズ(2013年4月6日(土)~2014年3月21日(金) 全50週間)