今週の新作 08/16 - 08/22 

帰省はしませんが何やら慌ただしく、
それにしても暑い、、

**********************************************************************

(08/16公開)
 ■映画 こびとづかん カクレモモジリの秘密の桃園
            ・・・イオンシネマ板橋、イオンシネマ市川妙典 他
 ■クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落・・・新宿武蔵野館
 ■365日のシンプルライフ・・・オーディトリウム渋谷
 ■シュトルム・ウント・ドランクッ・・・ユーロスペース
 ■ショートホープ・・・ユーロスペース
 ■ソニはご機嫌ななめ・・・シネマート新宿
 ■HARAJUKU CINEMA・・・ヒューマントラストシネマ渋谷
 ■FORMA・・・ユーロスペース
 ■ヘウォンの恋愛日記・・・シネマート新宿
 ■ホットロード・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ
 ■ローマ環状線、めぐりゆく人生たち・・・ ヒューマントラストシネマ有楽町
 ■わたしたちに許された特別な時間の終わり・・・ポレポレ東中野

(08/22公開)
 ■イントゥ・ザ・ストーム・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■バルフィ! 人生に唄えば・・・TOHOシネマズ シャンテ、シネマカリテ
 ■プロミスト・ランド・・・TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「イントゥ・ザ・ストーム」「プロミスト・ランド」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「めぐり逢わせのお弁当」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「サンシャイン/歌声が響く街」
「私の、息子」 ※千葉劇場で上映予定

**********************************************************************

今週の必見は2本、思案中は5本です。
先週は1本でした。
見逃し中の「めぐり逢わせのお弁当」はぼちぼちと時間のある時に。
新作では、「イントゥ・ザ・ストーム」を観ようかどうしようかな?

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「映画 こびとづかん カクレモモジリの秘密の桃園」 →ベストセラーとなった児童書に基づくアニメーションの劇場用シリーズ最新作。昆虫でも植物でもない、世にも不思議な小生物の生態をユーモラスに描く。こびとたちの中でも人気のカクレモモジリの今まで明かされなかった秘密をクローズアップ。
▽「クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落」 →不動産王デヴィッド・シーゲルとその妻ジャッキーが、ベルサイユ宮殿を模した米国最大の邸宅を建設しようと試みるも、リーマンショックにより大きな負債を抱えて転落していく様を捉えたドキュメンタリー。サンダンス映画祭でドキュメンタリー監督賞を受賞。
▽「365日のシンプルライフ」 →フィンランドで暮す若者が失恋をきっかけにモノに囲まれた生活をリセットするために始めた実験の過程を描いた異色ドキュメンタリー。
▽「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」 →ローマを取り巻くように走る環状高速道路“GRA”に焦点を当て、大都市の辺縁に暮らす人々の悲喜こもごもの人生を見つめたドキュメンタリー。監督は本作が日本初紹介となるジャンフランコ・ロージ。2013年のヴェネチア国際映画祭でドキュメンタリー作品としては史上初となる金獅子賞を受賞。
▽「バルフィ! 人生に唄えば」 →インドのアカデミー賞と称されるフィルムフェア賞で作品賞などを多数受賞した感動作。1970年代のインドを舞台に、耳と口が不自由なろうあ者の主人公バルフィとふたりの女性が、真の幸福や恋愛とは何かを様々な出来事を通して学んでいく。監督は「カイト」のアヌラーグ・バス。主演はランビール・カプール、共演にプリヤンカー・チョープラ、イリヤーナ・デクルーズ。

▼「イントゥ・ザ・ストーム」 →かつてない巨大竜巻が街を破壊し、人々を恐怖に陥れるさまを臨場感あふれる迫力の映像でリアルに再現していくパニック映画。監督は「ファイナル・デッドブリッジ」のスティーヴン・クエイル。主演は「ホビット」シリーズのリチャード・アーミティッジ。うーん、観ても良いような観なくても良いような、悩みます。笑)
▼「プロミスト・ランド」 → マット・デイモンが自ら製作・脚本・主演を務め、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のガス・ヴァン・サント監督と再びタッグを組み、アメリカ国内で盛り上がるシェール・ガス革命に一石を投じた社会派ドラマ。大企業がシェール・ガスの採掘権買い占めに乗り出したことで静かな田舎町に巻き起こった波紋の行方を綴る。共演はフランシス・マクドーマンドとハル・ホルブルック、そして本作の共同脚本も手がけたジョン・クラシンスキー。これは観たいですが、上映館が少ないのが残念です。気合を入れて観に行こうかな?

▽第二回 新・午前十時の映画祭・・・TOHOシネマズ(2014年4月5日(土)~2015年3月20日(金) 全50週間)