今週の新作 12/06 - 12/12 

観たい作品が溜まってます。

**********************************************************************

(12/06公開)
 ■宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟・・・新宿ピカデリー、シネプレックス幕張 他
 ■おとぎ話みたい・・・テアトル新宿
 ■加藤くんからのメッセージ・・・シアター・イメージフォーラム
 ■キリング・ゾーイ〈ディレクターズカット版〉・・・シネクイント、シネマート新宿
 ■禁忌・・・新宿武蔵野館
 ■サベージ・キラー・・・新宿武蔵野館
 ■THE LAST -NARUTO THE MOVIE・・・TOHOシネマズ 日本橋、シネマイクスピアリ 他
 ■ダグアウトの向こう-今を生きるということ。・・・新宿バルト9
 ■超能力研究部の3人・・・新宿武蔵野館、T・ジョイ蘇我 他
 ■ニューヨークの巴里夫・・・ル・シネマ、シネマイクスピアリ(※1/10より)
 ■農家の嫁 あなたに逢いたくて・・・ K's cinema
 ■ハネムーン
     ・・・新宿TOKYU MILANOビル/シネマスクエアとうきゅう、シネ・リーブル池袋
 ■パーソナル・ソング・・・シアター・イメージフォーラム
 ■ミタケオヤシン・・・新宿バルト9
 ■メビウス・・・シネマカリテ、千葉劇場
 ■ラブ・パンチ・・・シネマート新宿
 ■和~WA~ ・・・シネマート六本木
 ■ワンネス~運命引き寄せの黄金律~ ・・・シネマート六本木

(12/12公開)
 ■ゴーン・ガール・・・TOHOシネマズ 日本橋、シネマイクスピアリ 他

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「ニューヨークの巴里夫」「ハネムーン」「メビウス」「ゴーン・ガール」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
----------

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「フューリー」
「紙の月」「パワー・ゲーム」「西遊記~はじまりのはじまり~」
「サボタージュ」
「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」
「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」「ジャージー・ボーイズ」

**********************************************************************

今週の必見は4本、思案中は3本です。
先週は3本でした。
今週は、新作の「ハネムーン」「メビウス」をハシゴします。
後は日を置いて、見逃し中の「紙の月」「西遊記~はじまりのはじまり~」「フューリー」を観て行きたいです。
新作の「ニューヨークの巴里夫」は、来年1/10よりシネマイクスピアリで上映なので、年が明けてしまいますが待つとします。
「ゴーン・ガール」は来週に持越しです。

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「キリング・ゾーイ〈ディレクターズカット版〉」 →ロジャー・エイヴァリーの監督デビュー作を、日本初公開から20周年を迎え、デジタルリマスター&ディレクターズカット版で上映。パリの銀行を襲撃するふたりの男、人質となったコールガールという男女3人の愛憎模様の行く末を、鮮烈なバイオレンス描写満載で映し出すクライム・サスペンス。
▽「サベージ・キラー」 →シッチェス・カタロニア映画祭をはじめ各国の映画祭で反響を呼んだバイオレンス・エンターテインメント。実際に起きたレイプ事件を基に、自身を陵辱した男たちに復讐する女性をエロス、バイオレンス満載でスリリングに描く。監督はマイケル・S・オヘダ。
▽「ラブ・パンチ 」 →「新しい人生のはじめかた」のジョエル・ホプキンス監督がフランスオールロケで製作したロマンチック・エンタテインメント。出演はピアース・ブロスナンとエマ・トンプソン。

▼「ニューヨークの巴里夫」 →大学時代、30歳と、ダメ男グザヴィエを主人公に描いてきた群像劇「スパニッシュ・アパートメント」「ロシアン・ドールズ」の続編。監督は前作同様セドリック・クラピッシュ。出演は引き続きロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ、セシル・ドゥ・フランス、ケリー・ライリー。シリーズ三作目が出来たなんて何とも嬉しい限り。もちろん観に行きます!
▼「ハネムーン」 →ハネムーンで人里離れた森の奥の別荘にやって来た新婚カップルを襲う戦慄の恐怖を描くサスペンス・ホラー。監督は新人リー・ジャニアク。主演はTV「ゲーム・オブ・スローンズ」のローズ・レスリーと「エンバー 失われた光の物語」のハリー・トレッダウェイ。何やらB級の臭いがしますが、とりあえず観ておきたいです。
▼「メビウス」 →韓国の鬼才キム・ギドク監督が、性と欲望をめぐる人間の深い業が紡ぎ出す一組の家族の無間地獄を、セリフを一切排した過激かつ挑発的スタイルで描き出した衝撃の問題作。キム・ギドク作品は殆ど劇場鑑賞しているので本作も観に行きます!
▼「ゴーン・ガール」 →ギリアン・フリンの同名ベストセラー・ミステリーをデヴィッド・フィンチャー監督、ベン・アフレック主演で映画化。共演にロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス。近年、良い仕事ぶりをするアフレックさん、物語の真相も気になるし楽しみです!

▽第二回 新・午前十時の映画祭・・・TOHOシネマズ(2014年4月5日(土)~2015年3月20日(金) 全50週間)