今週の新作 02/14 - 02/20 

ひょっこり暖かい日も。

**********************************************************************

(02/14公開)
 ■愛して飲んで歌って・・・岩波ホール
 ■悼む人・・・丸の内TOEI 、シネマイクスピアリ 他
 ■娚の一生・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■おんなのこきらい・・・シネマカリテ
 ■ガチバン NEW GENERATION2・・・シネマート新宿
 ■クリミナル・アフェア 魔警・・・シネマート六本木
 ■テラスハウス クロージング・ドア
       ・・・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、シネマイクスピアリ 他
 ■D坂の殺人事件・・・ユーロスペース
 ■フォックスキャッチャー・・・新宿ピカデリー、シネプレックス幕張 他
 ■マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画・・・アップリンク X
 ■マジック・ドルフィン・・・イオンシネマ板橋、イオンシネマ多摩センター 他
 ■マッハ!無限大・・・新宿武蔵野館、ユナイテッド・シネマ豊洲
 ■味園ユニバース
     ・・・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ 他
 ■ラスト・パラダイス・・・シネマート新宿
 ■ラブストーリーズ エリナーの愛情・・・ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマカリテ
 ■ラブストーリーズ コナーの涙・・・ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマカリテ
 ■リトル・フォレスト 冬・春・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他

(02/20公開)
 ■きっと、星のせいじゃない。 ・・・TOHOシネマズ 日本橋 、シネマイクスピアリ 他
 ■花とアリス殺人事件・・・新宿バルト9、T・ジョイ蘇我 他

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「フォックスキャッチャー」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「はじまりのうた」「ミュータント・タートルズ」「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「さらば、愛の言葉よ」「トレヴィの泉で二度目の恋を」「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」
「ビッグ・アイズ」
「ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して」

**********************************************************************

今週の必見は1本、思案中は6本です。
先週は3本でした。
新作の「フォックスキャッチャー」は絶対観たいです。
あとは見逃し中の「はじまりのうた」「ミュータント・タートルズ」「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」をぼちぼちと観て行きたいです。
「トレヴィの泉で二度目の恋を」「ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して」 も観たいですが、だんだんと難しくなって来ました。
今週は所用が多く観る本数が少なくなりそうです。

先週2本観た「未体験ゾーンの映画たち2015」は、時間があったらまた観に行きたいです。
「ビッグ・アイズ」「さらば、愛の言葉よ」「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」 は多分観に行かないと思います…。

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「愛して飲んで歌って」 →「夜と霧」「去年マリエンバートで」などで知られ、今年3月に91歳で逝去したフランスの名匠アラン・レネの遺作が日本公開。アラン・エイクボーンの戯曲を基に、余命いくばくもない男と、最後の時を共に過ごす地位をめぐって駆け引きを繰り広げる男女の姿をユーモラスに綴る。
▽「クリミナル・アフェア 魔警」 →香港で起きた銃撃事件をベースに、「密告・者」のダンテ・ラム監督が闇を抱えた警察官の彷徨を描いたサスペンススリラー。出演はダニエル・ウー、ニック・チョン。
▽「マッハ!無限大」 →「マッハ!」のトニー・ジャーが象を守るムエタイ兵士一族の末裔を演じた「トム・ヤム・クン!」の続編。監督は引き続きプラッチャヤー・ピンゲーオ。共演は「チョコレート・ファイター」のジージャー・ヤーニンとヒップホッ・スターのRZA。
▽「ラブストーリーズ エリナーの愛情」 →ひと組のカップルの別れから再生までを男女それぞれの視点から、同じ時間軸を展開して2作品で映し出したラブ・ストーリー。女性側の視点で描かれた本作で、主人公エリナーを演じるのはジェシカ・チャステイン。相手の男性コナーをジェームズ・マカヴォイが好演している。
▽「ラブストーリーズ コナーの涙」 →子供を亡くして破局した夫婦のその後をそれぞれの視点から描く二部作プロジェクトの男性バージョン。主演は旬のスター、ジェームズ・マカヴォイとジェシカ・チャステイン。どちらの作品も観ることで大きなストーリーが完結する仕掛け。音楽を担当するのはポストロックからヒップホップまでを抒情的に往来する気鋭ミュージシャン、サン・ラックス。
▽「きっと、星のせいじゃない。 」 →ジョン・グリーンのベストセラーYA小説「さよならを待つふたりのために」を「ファミリー・ツリー」「ダイバージェント」のシェイリーン・ウッドリー主演で映画化した全米大ヒット感動青春ラブ・ストーリー。監督は、これが長編2作目の新鋭ジョシュ・ブーン。共演は「キャリー」のアンセル・エルゴート。

▼「フォックスキャッチャー」 →「カポーティ」「マネーボール」のベネット・ミラー監督が、実在の殺人事件を題材に、レスリング五輪金メダリストとそのパトロンとなった大富豪が悲劇の結末を迎えるまでの心の軌跡を描き出した戦慄の実録人間ドラマ。主演はスティーヴ・カレル。共演にチャニング・テイタム、マーク・ラファロ。すこぶる評判が良いです。キャストも良いし観に行きます!

▽第二回 新・午前十時の映画祭・・・TOHOシネマズ(2014年4月5日(土)~2015年3月20日(金) 全50週間)