今週の新作 04/11 - 04/17 

桜も散りかけに。

**********************************************************************

(04/11公開)
 ■いつか、また・・・シネマート新宿
 ■映画 きかんしゃトーマス 勇者とソドー島の怪物
     ・・・シネマ メディアージュ、TOHOシネマズ 錦糸町 他
 ■カイト/KITE ・・・ヒューマントラストシネマ渋谷、ユナイテッド・シネマ豊洲
 ■ギリシャに消えた嘘・・・ヒューマントラストシネマ有楽町
 ■新選組オブ・ザ・デッド・・・新宿バルト9
 ■JIMI:栄光への軌跡・・・ヒューマントラストシネマ渋谷、有楽町スバル座 他
 ■ストロボ ライト・・・K's cinema
 ■ソロモンの偽証 後篇・裁判・・・丸の内ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■ファッションキング・・・シネマート新宿
 ■マジック・イン・ムーンライト・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇・・・シアター・イメージフォーラム
 ■宮古島トライアスロン・・・テアトル新宿
 ■ロード・・・シネマート新宿
 ■和食ドリーム、テアトル新宿、キネマ旬報シアター 他

(04/17公開)
 ■海にかかる霧・・・ TOHOシネマズ 新宿、 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ 他
 ■グッド・ライ~いちばん優しい嘘~ ・・・TOHOシネマズ シャンテ、角川シネマ新宿 他
 ■恋するヴァンパイア・・・TOHOシネマズ 新宿、イオンシネマ市川妙典 他
 ■セッション・・・TOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズ みゆき座 他
 ■ワイルド・スピード SKY MISSION ・・・TOHOシネマズ 日劇、シネマイクスピアリ 他

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「ギリシャに消えた嘘」「マジック・イン・ムーンライト」「セッション」「ワイルド・スピード」 

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「パレードへようこそ」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「パリよ、永遠に」
「トレヴィの泉で二度目の恋を」※4/11よりキネマ旬報シアターにて上映

**********************************************************************

今週の必見は4本、思案中は6本です。
先週は0本でした。
あちゃー、行こうと思いつつ行きそびれてしまいました。
とりあえず、日曜日に、「ギリシャに消えた嘘」を観に行きます。チケットを予約しました!
あとは日を置いて「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」、そして「マジック・イン・ムーンライト」「セッション」をぼちぼちと観に行きます。
「パレードへようこそ」はしばらく上映していそうなので後回しです。

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「カイト/KITE」 →梅津泰臣のアニメ作品「A KITE」を実写映画化。主演は「アンダーワールド 覚醒」のインディア・アイズリー、共演にサミュエル・L・ジャクソン、カラン・マッコーリフ。監督は本作のロケ地でもある南アフリカ出身で、ミュージックビデオを中心に活躍するラルフ・ジマン。
▽「JIMI:栄光への軌跡」 →ロック史上における不世出のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスが、無名の存在から一躍スターダムへと駆け上がった2年間にスポットをあてた伝記映画。主演は人気ヒップホップ・アーティストのアンドレ・ベンジャミン、共演にヘイリー・アトウェル、イモージェン・プーツ。監督は「それでも夜は明ける」の脚本でオスカーに輝いたジョン・リドリー。
▽「皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇」 →報道カメラマンとして活躍するシャウル・シュワルツが初の映画監督に挑戦し、メキシコで激化する麻薬戦争の実態を危険な最前線での取材を通して描き出した衝撃のドキュメンタリー。
▽「ロード」 →公道を封鎖して行われる二輪車のレース“マン島TTレース”で伝説を創ったライダー、ジョイ・ダンロップとその弟ロバート、ロバートの息子ウィリアムとマイケルの二世代に渡る兄弟の栄光と悲劇を映し出したドキュメンタリー。想像を超えるロードレースの世界に全てを捧げた彼らのドラマチックな人生を追う。ナレーションはリーアム・ニーソン。
▽「海にかかる霧」 →「殺人の追憶」のポン・ジュノが初プロデュース、同作の脚本家シム・ソンボが初監督を務めたサスペンス。2001年に起きた“テチャン号事件”を舞台化した「海霧(ヘム)」を基に、闇の仕事を引き受けた漁船が思いもよらぬ事態に陥り、追い詰められていく船員たちの姿を描く。出演は「チェイサー」のキム・ユンソク、JYJのパク・ユチョン。
▽「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~ 」 →80年代のスーダンの内戦期にかの地から米国へ避難した、難民の実話に材を得た人間ドラマ。主演リース・ウィザースプーン。

▼「ギリシャに消えた嘘」 →「太陽がいっぱい」「見知らぬ乗客」の原作者パトリシア・ハイスミスの「殺意の迷宮」をヴィゴ・モーテンセン、キルステン・ダンスト、オスカー・アイザックの共演で映画化した心理サスペンス。監督は「日蔭のふたり」「ドライヴ」などの脚本を手がけ、本作が長編初監督となるホセイン・アミニ。ウィゴ様の新作は外せません!すっ飛びで観に行きます!
▼「マジック・イン・ムーンライト」 →ウディ・アレン監督が1920年代の南フランスを舞台に贈る小粋なロマンティック・コメディ。主演はコリン・ファースとエマ・ストーン。近くのシネコンで上映なので助かりました。ぼちぼちと観に行きます。
▼「セッション」 →世界的なジャズ・ドラマーを目指すニーマンと、名門音楽学校の伝説の鬼教師フレッチャーの壮絶なレッスンの日々を描いた衝撃作。主演マイルズ・テラー。共演は、本作の鬼気迫る演技でアカデミー助演男優賞をはじめ映画賞を総なめにしたJ・K・シモンズ。監督は、長編2作目の本作で一躍ハリウッド期待の新星となったデイミアン・チャゼル。これは必見!楽しみです!
▼「ワイルド・スピード」 →ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーが凄腕ドライバーに扮して大活躍する世界的大ヒット・カー・アクション・シリーズの第7弾。共演はドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソンらシリーズ・レギュラー陣に加え、最強の敵でジェイソン・ステイサムが登場。監督はジャスティン・リン監督に代わってジェームズ・ワン監督に。このシリーズは未見なのですが、ポール・ウォーカーの遺作ということと、敵ながらジェイソン・ステイサムが出ていること、そしてジェームズ・ワン監督と気になる要素が一杯なので観に行くとします!

▽第三回 新・午前十時の映画祭・・・TOHOシネマズ(2015年4月4日(土)~2016年3月18日(金) 全50週間)