今週の新作 04/25 - 05/01 

GWに向けて気になる映画がたくさん!

**********************************************************************

(04/25公開)
 ■イマジン・・・シアター・イメージフォーラム
 ■王妃の館・・・丸の内TOEI 、シネマイクスピアリ 他
 ■寄生獣 完結編・・・TOHOシネマズ スカラ座、シネマイクスピアリ 他
 ■群盗・・・シネマート新宿
 ■劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 未来篇・・・新宿ピカデリー、京成ローザ(10) 他
 ■白河夜船・・・テアトル新宿
 ■シンデレラ・・・TOHOシネマズ 日劇、シネマイクスピアリ 他
 ■パパ、遺伝子組み換えってなぁに?・・・アップリンク X
 ■抱擁・・・シアター・イメージフォーラム
 ■Mommy/マミー ・・・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町 他
 ■ラスト5イヤーズ・・・YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町
 ■龍三と七人の子分たち・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■Looking for Johnnyジョニー・サンダースの軌跡・・・シネマカリテ

(05/01公開)
 ■アラヤシキの住人たち・・・ポレポレ東中野
 ■イタリアは呼んでいる・・・ル・シネマ、キネマ旬報シアター(順次)
 ■映画 ビリギャル・・・TOHOシネマズ 新宿、シネマイクスピアリ 他
 ■THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦
         ・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■フォーカス・・・新宿ピカデリー 、シネマイクスピアリ 他
 ■リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン・・・新宿武蔵野館
 ■私の少女・・・ユーロスペース、新宿武蔵野館

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「シンデレラ」「Mommy/マミー」「龍三と七人の子分たち」「イタリアは呼んでいる」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「あの日の声を探して」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「セッション」「ワイルド・スピード」

**********************************************************************

今週の必見は4本、思案中は7本です。
先週は1本でした。
今週は、日曜日に「Mommy/マミー」を観に行きます。チケットを予約しました!
「龍三と七人の子分たち」は、29日(水)観に行く予定です。
「セッション」「シンデレラ」、その他の作品は時間の余裕のある時に。
あっ、24日までキネマ旬報シアターで上映していた「トレヴィの泉で二度目の恋を」は遂に観に行けずじまいでした。ガッカリ。

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「イマジン」 →美しいリスボンの街並を舞台に、そこで出会った盲目の男女の淡い恋の行方を描くラブ・ストーリー。主演はエドワード・ホッグとアレクサンドラ・マリア・ララ。監督は、これが長編3作目のアンジェイ・ヤキモフスキ。
▽「王妃の館」 →パリの一流ホテル“シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)”を舞台に巻き起こるドタバタ劇を綴った浅田次郎の同名ベストセラーを映画化。主演は水谷豊。監督は「探偵はBARにいる」「相棒シリーズ X DAY」の橋本一。
▽「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」 →遺伝子組み換え食品の真実を追うことで、食の安全について考えるドキュメンタリー。子供をもったことで食を考えるようになったジェレミー・セイファート監督が、アメリカの加工食品のほとんどに含まれていながら表示義務さえない遺伝子組み換え生物の実態に迫るべく、世界各国を取材して回る。
▽「ラスト5イヤーズ」 →ジェイソン・ロバート・ブラウンの傑作ミュージカルを「P.S.アイラヴユー」のリチャード・ラグラヴェネーズ監督が映画化。1組の男女の5年間の愛の軌跡を、妻は別れから出会いまで、夫は出会いから別れまでという独創的な時間軸で綴る。出演はアナ・ケンドリック、ミュージカル出身のジェレミー・ジョーダン。
▽「Looking for Johnnyジョニー・サンダースの軌跡」 →今なお音楽界に影響を色濃く残すミュージシャン、ジョニー・サンダースが、1991年に悲劇的な死を遂げるまでの破天荒な生涯を追ったドキュメンタリー。
▽「フォーカス」 →ウィル・スミスが天才詐欺師を演じるクライム・ロマンティック・コメディ。ヒロインは「ウルフ・オブ・ウォールストリート」でブレイクしたハリウッド期待の新星マーゴット・ロビー。監督は「ラブ・アゲイン」のグレン・フィカーラ&ジョン・レクア。
▽「リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン」 →アンドリュー・ラウ監督が、同作のリメイク版「ディパーテッド」を手がけたマーティン・スコセッシの製作総指揮の下、ニューヨークの中華系ギャング団を巡る実話を基に描くクライム・アクション。主演はジャスティン・チョン、共演にシューヤ・チャン、レイ・リオッタ。共同監督に「パティシエの恋」のアンドリュー・ロー。

▼「シンデレラ」 →ディズニー・アニメの名作「シンデレラ」を、ケネス・ブラナー監督で絢爛豪華に実写映画化したファンタジー・ラブストーリー。ヒロインのシンデレラ役はハリウッド期待の新星リリー・ジェームズ、共演にケイト・ブランシェット、リチャード・マッデン、ヘレナ・ボナム=カーター。また、ディズニー・アニメ「アナと雪の女王」のその後を描いた短編アニメ「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」を同時上映。すこぶる評判が良いので観に行くかもです!
▼「Mommy/マミー」 →グザヴィエ・ドラン監督が、母と息子の愛と葛藤の物語を、架空の世界を舞台に瑞々しく描き出したドラマ。グザヴィエ・ドラン監督の新作は外せません!すっ飛びで観に行きたいと思います。
▼「龍三と七人の子分たち」 →北野武監督が、新興犯罪組織の横暴を阻止すべく立ち上がった元ヤクザの老人たちの活躍を描くドタバタ任侠コメディ。出演は藤竜也、近藤正臣、中尾彬ほか。北野作品の新作は観に行かねばなりますまい。唯一残念なのは石橋蓮司が出ていないことよ…。
▼「イタリアは呼んでいる」 →英国の人気コメディ俳優スティーヴ・クーガンとロブ・ブライドンが、とりとめのない会話を重ねながら繰り広げるグルメ旅の珍道中を、虚実織り交ぜて描き評判を呼んだ「スティーヴとロブのグルメトリップ」に続くシリーズ第2弾。監督は引き続きマイケル・ウィンターボトム。

▽第三回 新・午前十時の映画祭・・・TOHOシネマズ(2015年4月4日(土)~2016年3月18日(金) 全50週間)