今週の新作 08/22 - 08/28 

お盆も終わり一息。

**********************************************************************

(08/22公開)
 ■アイカツ! ミュージックアワード みんなで賞をもらっちゃいまSHOW!
      ・・・新宿バルト9 、T・ジョイ蘇我 他
 ■at Home アットホーム・・・有楽町スバル座、T・ジョイ蘇我 他
 ■かけがえのない人
     ・・・YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館
 ■クーキー・・・新宿武蔵野館、渋谷シネパレス
 ■くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ・・・シアター・イメージフォーラム
 ■劇場版 デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント
       ・・・シネマサンシャイン池袋、シネプレックス幕張 他
 ■死霊高校・・・新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー 他
 ■ディアボリカル・・・渋谷TOEI
 ■東京PRウーマン・・・シネ・リーブル池袋、イオンシネマ幕張新都心 他
 ■ナイトクローラー ・・・ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマカリテ 他
 ■夏をゆく人々・・・岩波ホール
 ■向日葵の丘 1983年・夏・・・品川プリンスシネマ
 ■ほんとうにあった怖い話第三十一夜 禁断の遊び チャーリーゲームの呪い
     ・・・ユーロスペース
 ■ムカデ人間3 ・・・新宿武蔵野館

(08/28公開)
 ■劇場版 弱虫ペダル
     ・・・TOHOシネマズ 日本橋、TOHOシネマズ ららぽーと船橋 他
 ■しあわせへのまわり道
     ・・・TOHOシネマズ 日本橋、TOHOシネマズ 流山おおたかの森 他
 ■戦場のピアニスト〈デジタルリマスター版〉 ・・・TOHOシネマズ シャンテ
 ■テッド2 ・・・TOHOシネマズ 日本橋、シネマイクスピアリ 他
 ■わたしに会うまでの1600キロ・・・TOHOシネマズ シャンテ、角川シネマ新宿 他

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「ナイトクローラー」「ムカデ人間3」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「あの日のように抱きしめて」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「彼は秘密の女ともだち」「さよなら、人類」
「ボヴァリー夫人とパン屋」
「雪の轍(わだち) 」「チャイルド44 森に消えた子供たち」
「エレファント・ソング」

**********************************************************************

今週の必見は2本、思案中は9本です。
先週は2本でした。
今週こそは見逃し中の「さよなら、人類」を観に行きます!ぼやぼやしていたら小さい方の劇場になってしまった…くすん。
あとは、「ムカデ人間3」はレイトですが頑張って観に行きたいと思います!
今週は思案中の作品が多いですが、この中で「死霊高校」「ディアボリカル」が気になっており、ハシゴ出来ないかなと企んでおります。

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「かけがえのない人」 →ニコラス・スパークス原作、「終着駅 トルストイ最後の旅」「モネ・ゲーム」のマイケル・ホフマン監督によるラブ・ストーリー。主演はミシェル・モナハンとジェームズ・マースデン。共演にリアナ・リベラトとルーク・ブレイシー。
▽「クーキー」 →少年の意に反して捨てられてしまったぼろぼろのピンクのテディベア“クーキー”が、ゴミ集積場を抜け出し、少年のもとへと遥かなる大冒険を繰り広げるチェコ発のハートウォーミング・ファンタジー・アドベンチャー。監督は「コーリャ愛のプラハ」「ダーク・ブルー」のヤン・スヴェラーク。
▽「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」 →第86回アカデミー賞の長編アニメ賞にノミネートされたフランス製ハートウォーミング・ファンタジー。ベルギーの絵本作家ガブリエル・バンサンの「くまのアーネストおじさん」シリーズをもとに、住む世界が違う大きなくまと小さなネズミが出会い、孤独な2人が思いがけない冒険を通して奇妙な友情を育む姿を心温まるタッチで綴る。
▽「死霊高校」 →「パラノーマル・アクティビティ」シリーズのプロデューサー、ジェイソン・ブラムが贈る学園ホラー。20年前に上演中に悲劇が起きた舞台の再演を翌日に控えた深夜の学校で、イタズラ目的で忍び込んだ男女4人の高校生を待ち受ける戦慄の恐怖を描く。
▽「ディアボリカル」 →新人監督の作品ながらSF的ツイストがアメリカの映画祭で評判を呼んだインディ・ホラー。主演は「バイオハザード IV アフターライフ」のアリ・ラーター。
▽「夏をゆく人々」 →2014年のカンヌ国際映画祭でグランプリに輝いたドラマ。イタリアの人里離れた土地で養蜂業を営む一家の昔ながらの暮らしぶりと、徐々に訪れる変化の中で12歳になる4姉妹の長女の大人への成長を丁寧な筆致で描く。監督は、これが長編2作目のイタリアの新鋭アリーチェ・ロルヴァケル。
▽「しあわせへのまわり道」 →“ニューヨーカー”誌に掲載されたエッセイを基に、中年女性が偶然出会ったインド人の教官との交流を通じて自らの人生を見つめ直していく姿を描いたハートフル・コメディ。主演はパトリシア・クラークソンとベン・キングズレー。監督は「死ぬまでにしたい10のこと」「エレジー」のイザベル・コイシェ。
▽「わたしに会うまでの1600キロ」 →アメリカ西海岸を南北に縦断する過酷な自然歩道パシフィック・クレスト・トレイル(PCT)にたった一人で挑み、3ヵ月間で1600kmを踏破した実在の女性シェリル・ストレイドのベストセラー回顧録をリース・ウィザースプーン主演で映画化した感動ドラマ。共演はローラ・ダーン。監督は「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・ヴァレ。
▽「テッド2」 →エロ親父なテディベアが巻き起こす大騒動を描き大ヒットした大人向けコメディの続編。共演はマーク・ウォールバーグ、アマンダ・セイフライド。監督は引き続きセス・マクファーレン。

▼「ナイトクローラー」 →ジェイク・ギレンホールが、刺激的なスクープ映像を求めるあまりモラルのタガが外れていくフリーランスのニュース・カメラマン役で鬼気迫る怪演を披露し、高い評価を受けたピカレスク・サスペンス・ドラマ。共演はビル・パクストン、レネ・ルッソ、リズ・アーメッド。監督は「トゥー・フォー・ザ・マネー」「ボーン・レガシー」などの脚本を手がけ、本作が監督デビューのダン・ギルロイ。なかなか評判が良いので気になってます!
▼「ムカデ人間3」 →カルトホラーの第3弾にして完結編。出演は1作目で熱演した北村昭博、前2作に登場したディーター・ラーザーとローレンス・R・ハーヴィー。監督は引き続きトム・シックス。「1」「2」と観ているのでこちらも外せません!新宿武蔵野館はレイトのみなので苦しいところですが何とかして観に行きたいです。

▽第三回 新・午前十時の映画祭・・・TOHOシネマズ(2015年4月4日(土)~2016年3月18日(金) 全50週間)