今週の新作 09/12 - 09/18 

台風去って秋晴れに。

**********************************************************************

(09/12公開)
 ■赤い玉、・・・テアトル新宿
 ■映画かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち
        ・・・ヒューマントラストシネマ有楽町、イオンシネマ市川妙典 他
 ■カリフォルニア・ダウン・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■ガールズ・ステップ・・・丸の内TOEI 、シネマイクスピアリ 他
 ■黒衣の刺客・・・新宿ピカデリー、渋谷TOEI
 ■チャルラータ〈デジタルリマスター版〉 ・・・シアター・イメージフォーラム
 ■TAKE THAT LIVE FROM THE O2 ・・・新宿バルト9
 ■天空の蜂・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■ハロウィンナイトメア・・・ユーロスペース
 ■ヒューマン・ハイウェイ《ディレクターズ・カット版》 ・・・シネマカリテ
 ■ビッグ・シティ〈デジタルリマスター版〉 ・・・シアター・イメージフォーラム
 ■ピエロがお前を嘲笑う・・・新宿武蔵野館
 ■ピクセル・・・丸の内ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■BLACK ROOM・・・新宿バルト9
 ■水と風と生きものと 中村桂子・生命誌を紡ぐ・・・ポレポレ東中野
 ■私たちのハァハァ・・・テアトル新宿
 
(09/18公開)
 ■ハイキュー!! 勝者と敗者・・・TOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズ ららぽーと船橋

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「黒衣の刺客」「ピエロがお前を嘲笑う」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
----------

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「あの日のように抱きしめて」
「彼は秘密の女ともだち」
「ボヴァリー夫人とパン屋」
「エレファント・ソング」

**********************************************************************

今週の必見は2本、思案中は5本です。
先週は1本でした。
今週の必見は「黒衣の刺客」「ピエロがお前を嘲笑う」の2本。
どちらも新宿なのでハシゴ出来ないかと思案中です。
近くのシネコンでリバイバル上映されていた「冒険者たち」は結局観に行けずじまいでした。この機会に観ておきたかったのですが残念です。
思案中の「カリフォルニア・ダウン」と「ピクセル」は皆さんの評判が良かったらひょっとしたら観に行くかも知れません…。

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「カリフォルニア・ダウン」 →ドウェイン・ジョンソン扮する救難ヘリ・パイロットが、巨大地震に見舞われたカリフォルニアで人命救助に奔走するディザスター・ムービー。共演はカーラ・グギーノ、アレクサンドラ・ダダリオ、ポール・ジアマッティ。監督は「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」のブラッド・ペイトン。
▽「チャルラータ〈デジタルリマスター版〉 」 →「大地のうた」をはじめとする“オプー3部作“やミュージカル、SF、ドキュメンタリーまで幅広いジャンルの作品を手掛けるインド映画界の巨匠サタジット・レイの監督デビュー60周年を記念し、中期の代表作をデジタルリマスター版で上映する。カルカッタを舞台に富裕な大邸宅で暮らす妻の孤独と芸術への目覚めを詩的で美しい映像と共に描く。
▽「ヒューマン・ハイウェイ《ディレクターズ・カット版》 」 →ニール・ヤングが300万ドルの自己資金を投じ、監督・主演を務め製作した放射能コメディ。ニール演じる自転車修理工を主人公に、核廃棄物処理場や汚染された街、原発事故による地球の破滅など、核や放射能をテーマにした強烈なドラマが展開する。ロックバンド・DEVOや、デニス・ホッパーが出演。
▽「ビッグ・シティ〈デジタルリマスター版〉 」 →「大地のうた」をはじめとする“オプー3部作“などで知られ、晩年にアカデミー賞特別栄誉賞を受賞した世界的巨匠サタジット・レイの監督デビュー60周年を記念し、中期の代表作をデジタルリマスター版で上映。1964年ベルリン映画祭で銀熊賞を受賞した傑作で、大都会カルカッタを舞台に共働き夫婦のドラマを描く。主演はマビド・ムカージー。
▽「ピクセル」 →“パックマン”や“ドンキーコング”といった懐かしゲームキャラに扮して地球侵略を開始したエイリアンと、それに対抗すべく集められたかつてのビデオゲーム・チャンピオンたちが繰り広げる攻防を描く3Dアドベンチャー・コメディ。往年のアーケード・ゲームを模した侵略者の攻撃によって、地球上の物体が次々とキューブ状のブロックに分解され崩壊していくさまを描き評判を呼んだ2010年の同名短編を長編化。主演はアダム・サンドラー、共演にケヴィン・ジェームズ、ミシェル・モナハン、ジョシュ・ギャッド、ピーター・ディンクレイジ。監督は「ハリー・ポッターと賢者の石」のクリス・コロンバス。

▼「黒衣の刺客」 →「悲情城市」「珈琲時光」の台湾の名匠ホウ・シャオシェン監督が初めて手がけた武侠映画。主演は「ミレニアム・マンボ」「百年恋歌」に続くホウ監督作への出演となるスー・チー。共演にチャン・チェン、妻夫木聡。映像が美しく前評判がとても良いので気になっています。劇場が都内では2館のみの上映です。
▼「ピエロがお前を嘲笑う」 →突然警察に出頭した天才ハッカー青年を主人公に、彼の語る事件の顛末と、その自白に翻弄される捜査の行方を、予測不能のストーリー展開で描き出すドイツ製クライム・サスペンス。主演は「コーヒーをめぐる冒険」のトム・シリング。監督は、これが長編2作目となる注目の新鋭バラン・ボー・オダー。ハリウッドでリメイクも決定だそうで、これはオリジナルを是非観ておきたいです。

▽第三回 新・午前十時の映画祭・・・TOHOシネマズ(2015年4月4日(土)~2016年3月18日(金) 全50週間)