今週の新作 06/11 - 06/17 

観たい映画がたくさん!
どれから観るか迷います…。
↓は、ゆいの花公園(マブチモーターが寄付した公園なんですよ)
kouen5.jpg

**********************************************************************

(06/11公開)
 ■エクス・マキナ・・・シネクイント、シネプレックス幕張 他
 ■教授のおかしな妄想殺人・・・丸の内ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■月光・・・K's cinema
 ■さとにきたらええやん・・・ポレポレ東中野
 ■サブイボマスク・・・新宿バルト9 、シネプレックス幕張 他
 ■シチズンフォー スノーデンの暴露・・・シアター・イメージフォーラム、千葉劇場 他
 ■白鳥麗子でございます!THE MOVIE ・・・シネマート新宿、T・ジョイ蘇我 他
 ■知らない町・・・シアター・イメージフォーラム
 ■純情・・・TOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズ ららぽーと船橋
 ■夏美のホタル・・・イオンシネマ板橋、イオンシネマ市川妙典 他
 ■ノック・ノック・・・ヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ新宿 他
 ■裸足の季節・・・シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA、千葉劇場
 ■二ツ星の料理人・・・角川シネマ有楽町、シネマイクスピアリ 他
 ■ラザロ・エフェクト・・・新宿バルト9
 ■64-ロクヨン- 後編・・・TOHOシネマズ 日劇、シネマイクスピアリ 他

(06/17公開)
 ■帰ってきたヒトラー・・・TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ 新宿 他
 ■10 クローバーフィールド・レーン・・・TOHOシネマズ 日劇、シネマイクスピアリ 他
 
**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「エクス・マキナ」「教授のおかしな妄想殺人」「ノック・ノック」「二ツ星の料理人」「ラザロ・エフェクト」「帰ってきたヒトラー」「10 クローバーフィールド・レーン」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
----------

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「デッドプール」「サウスポー」
「スノーホワイト/氷の王国」
「ヘイル、シーザー!」※5/28からシネマイクスピアリにて上映
「追憶の森」
「オマールの壁」「獣は月夜に夢を見る」※6/11からT・ジョイ蘇我にて上映
「ルーム」

**********************************************************************

今週の必見は7本、思案中は2本です。
先週は1本でした。
どうしよう・・・今週は観たい映画が一杯…。
おまけにどの作品も見逃したくないものばかり。
どれから観るか迷います。
とりあえず「エクス・マキナ」から観るとします。

観たいけど観に行けそうにない作品

▽「シチズンフォー スノーデンの暴露」 →第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した衝撃のドキュメンタリー。CIAの元職員エドワード・スノーデンの告発により、米国政府が国家安全保障局を使い、スパイ行為を行っているという事実が発覚した通称“スノーデン事件”を追う。
▽「裸足の季節」 →トルコの田舎町に生きる5人姉妹の青春を描いたヒューマン・ドラマ。アカデミー外国語映画賞ノミネートをはじめ数々の映画賞を受賞。監督はトルコ出身のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェンで、本作が記念すべき長編デビュー作。5人姉妹役には、いずれもオーディションやスカウトによって監督が見出した新人が起用された。

▼「エクス・マキナ」 →「ザ・ビーチ」の原作や「28日後...」「わたしを離さないで」などの脚本家として知られるアレックス・ガーランドがメガホンを執り、初監督デビューを飾ったSFサスペンス。主演ドーナル・グリーソン、共演にオスカー・アイザック、アリシア・ヴィカンダー。アカデミー賞では視覚効果賞を受賞。すこぶる評判が良いので観に行きます!
▼「教授のおかしな妄想殺人」 →ウディ・アレン監督がホアキン・フェニックスとエマ・ストーンを主演に迎えて贈るコメディ・ミステリー。共演はパーカー・ポージー、ジェイミー・ブラックリー。アレン監督の新作なので観に行きます。でも巷の評判はそれほどでも無いような…?どうでしょうか。
▼「ノック・ノック」 →鬼才イーライ・ロス監督が、キアヌ・リーヴスを主演に迎えた衝撃のスリラー。共演に「グリーン・インフェルノ」のロレンツァ・イッツォ、「灼熱の肌」のアナ・デ・アルマス。 イーライ・ロスの新作は観に行きたいなあ。近場で上映していないので頑張らないと!
▼「二ツ星の料理人」 →ブラッドリー・クーパーが、天才的な熱血シェフ役に挑戦。ロンドンのフレンチ・レストランを舞台に、挫折を味わった主人公の再出発のドラマ。共演にシエナ・ミラー、オマール・シー、ダニエル・ブリュール。監督は「カンパニー・メン」「8月の家族たち」のジョン・ウェルズ。予告編のブラッドリー・クーパーが良い感じでした。観に行きたいです。
▼「ラザロ・エフェクト」 →「パラノーマル・アクティビティ」シリーズのプロデューサー、ジェイソン・ブラムが贈るサスペンス・ホラー。死者を蘇らせる禁断の研究に取り組む医療チームを待ち受ける戦慄の恐怖を描く。出演は「彼女はパートタイムトラベラー」のマーク・デュプラス、「ラッシュ/プライドと友情」のオリヴィア・ワイルド。監督はドキュメンタリー「二郎は鮨の夢を見る」で注目を集めたデヴィッド・ゲルブ。あまり評判は良くないような気も?でもそそられるのですよね…。
▼「帰ってきたヒトラー」 →現代にタイムスリップしたアドルフ・ヒトラーが、モノマネ芸人と誤解されて大ブレイクしていくさまを過激な風刺で描いて世界的ベストセラーとなったティムール・ヴェルメシュの同名小説を映画化したドイツ映画。主演は舞台を中心に活躍するオリヴァー・マスッチ。監督は、これが日本初紹介のダーヴィト・ヴネント。原作は未読ですがその評判は聞いておりました。何やら面白そうなので観に行くとします。
▼「10 クローバーフィールド・レーン」 →2008年の大ヒット映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」をプロデュースしたJ・J・エイブラムスが、同じ世界観を作品内に取り込むかたちで製作したSFミステリー・サスペンス。事態の全貌を掴めぬまま地下シェルターに閉じ込められ、男2人との共同生活を強いられるハメになったヒロインが辿る驚愕の運命をミステリアスかつサスペンスフルに描く。出演はメアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョン・グッドマン、ジョン・ギャラガー・Jr。監督は、これが長編デビューの新鋭、ダン・トラクテンバーグ。予告編が大変面白そうでした。すっ飛びで観に行きたいです。

▽午前十時の映画祭7・・・TOHOシネマズ(2016年4月2日(土)~2017年3月24日(金) の全51週間)