「ガール・オン・ザ・トレイン」 

170268_1.jpg
公式サイト
TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ、公開4日目初回、スクリーン2 (178席)

**********************************************************************

評価:★★★★
(重く陰鬱、しかしぐいぐいと引き込まれる、謎解きの要素もあるミステリー。いろいろな意味で見応えのある映画でした。特にエミリー・ブラント、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・ベネット女優三人の競演は見る価値があるものでキャスト選びも良し。エミリー・ブラントのやつれっぷりが凄いです。自分のパートナーや生き方についての物語でもあります。それにしても一番に思うのはアルコール依存症はダメだ、ということだ。)

13:50開始、30分前に到着。
入場者数は4割程度。
平日なのに結構人手多しで驚きました。