今週の新作 12/24 

今週は公開数が少ないです。
先週たくさん出たのでそれを消化して行きます。
↓は東金市にあるお蕎麦屋さん。美味。
mise6.jpg

**********************************************************************

(12/24公開) 
 ■オアシス:スーパーソニック・・・角川シネマ有楽町、T・ジョイ蘇我 他
 ■こころに剣士を・・・ヒューマントラストシネマ有楽町、キネマ旬報シアター
 ■14の夜・・・テアトル新宿
 ■ストーンウォール・・・シネマカリテ
 ■太陽を掴め・・・テアトル新宿
 ■ワイルド わたしの中の獣・・・シネマカリテ
 ■若者のすべて〈デジタル完全修復版〉 ・・・シネマカリテ

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
----------

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「幸せなひとりぼっち」「ヒトラーの忘れもの」「皆さま、ごきげんよう」「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」※1/14からイオンシネマ市川妙典、シネプレックス幕張で上映「聖杯たちの騎士」「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」

**********************************************************************

今週の必見は0本、思案中は4本です。
先週は1本でした。
見逃し中の「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」は新年年明けに観に行く予定です。
「幸せなひとりぼっち」は火曜日にチケット取りました。
あと1本観たいところですがどうしようかな…。

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「こころに剣士を」 →2016年アカデミー賞外国語映画賞のフィンランド代表に選ばれたヒューマン・ドラマ。第2次大戦後、ソ連の圧政下に置かれたエストニアを舞台に、スターリンの秘密警察に追われる元フェンシング選手と貧しい子供たちの交流を描く。主演はエストニアのマルト・アヴァンディ。監督は「ヤコブへの手紙」のクラウス・ハロ。
▽「ストーンウォール」 →ローランド・エメリッヒ監督が、セクシュアル・マイノリティの権利運動の原点となった1969年の“ストーンウォ-ルの反乱”をモチーフに、ゲイの若者たちの青春と葛藤を描いたドラマ。主演は「戦火の馬」のジェレミー・アーヴァイン、共演にジョニー・ボーシャン、ジョナサン・リス・マイヤーズ、ロン・パールマン。
▽「ワイルド わたしの中の獣」 →オオカミとの同衾という禁断の欲望に目覚めてしまったヒロインの運命を描いた異色の官能ドラマ。主演は「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」のリリト・シュタンゲンベルク。監督は女優出身で、これが長編3作目となるニコレッテ・クレビッツ。
▽「若者のすべて〈デジタル完全修復版〉 」 →イタリアの巨匠ルキーノ・ヴィスコンティがネオリアリズモの旗手として庶民を描いた初期作がリバイバル公開される内の1作。農村から都会に移り住んだある家族の崩壊を描いたネオリアリズモ時代の集大成的な人間ドラマ。

必見の作品
▼----------

▽午前十時の映画祭7・・・TOHOシネマズ(2016年4月2日(土)~2017年3月24日(金) の全51週間)