今週の新作 01/06 - 01/07 - 01/13 

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
今年は時間に余裕が持てそうなので、映画も昨年よりたくさん観てネット活動も充実出来そうです!
↓は、旅行先で立ち寄った里山にある小さな神社。
jin1.jpg

**********************************************************************

(01/06公開)
 ■SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~〈2017デジタル・リマスター版〉
          ・・・新宿バルト9
 ■ダーティ・グランパ・・・TOHOシネマズ みゆき座、TOHOシネマズ 流山おおたかの森 他
 ■NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム
       ・・・TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ ららぽーと船橋 他

(01/07公開) 
 ■I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー・・・ヒューマントラストシネマ渋谷
 ■アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
         ・・・ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町
 ■愛を歌う花・・・シネマート新宿
 ■アンダーワールド ブラッド・ウォーズ
         ・・・ユナイテッド・シネマ豊洲、シネプレックス幕張 他
 ■甲鉄城のカバネリ 総集編 後編 燃える命
         ・・・新宿ピカデリー、京成ローザ(10) 他
 ■壊れた心・・・ユーロスペース
 ■ザ・スクワッド・・・・ヒューマントラストシネマ渋谷、USシネマ千葉ニュータウン
 ■The NET 網に囚われた男・・・シネマカリテ
 ■疾風スプリンター・・・新宿武蔵野館、立川シネマ・ツー、T・ジョイ蘇我
 ■《シネマ歌舞伎》阿古屋・・・東劇、シネマイクスピアリ 他
 ■人生フルーツ・・・ポレポレ東中野
 ■ドラゴン×マッハ!・・・シネマート新宿
 ■中島みゆきConcert 「一会(いちえ)」2015~2016 劇場版
       ・・・新宿ピカデリー、イオンシネマ市川妙典 他
 ■人魚姫・・・シネマート新宿
 ■パシフィック・ウォー・・・シネマサンシャイン池袋、USシネマ千葉ニュータウン
 ■Bros.マックスマン・・・ 新宿バルト9 、T・ジョイ蘇我 他
 ■ブラック・ファイル 野心の代償・・・新宿ピカデリー、丸の内TOEI、I京成ローザ(10)
 ■ホワイト・バレット・・・新宿武蔵野
 ■僕らのごはんは明日で待ってる・・・TOHOシネマズ 新宿、シネマイクスピアリ 他
 ■ミューズ・アカデミー・・・東京都写真美術館ホール
 ■郵便配達は二度ベルを鳴らす〈デジタル修復版〉 ・・・新宿武蔵野館
 ■ロスト・レジェンド 失われた棺の謎・・・シネマート新宿

(01/13公開)
 ■ネオン・デーモン
      ・・・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、TOHOシネマズ 新宿、
           TOHOシネマズ 流山おおたかの森

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「The NET 網に囚われた男」「パシフィック・ウォー」「ネオン・デーモン」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「ヒトラーの忘れもの」「皆さま、ごきげんよう」「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」「聖杯たちの騎士」「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「ブルゴーニュで会いましょう」

**********************************************************************

今週の必見は6本、思案中は11本です。
先週、年明けの映画は「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」でした。
見逃し中、新作、観たい映画はたくさんあって迷いますが、強いてあげれば新作の中では「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」「The NET 網に囚われた男」「パシフィック・ウォー」辺りから観に行くと思います。
「未体験ゾーンの映画たち2017」は1/7(土)から始まりました。が、スケジュールの都合で、私は来週から参戦します!楽しみっ!

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「ダーティ・グランパ」 →名優ロバート・デ・ニーロと、若手俳優ザック・エフロンが共演する抱腹絶倒のバディ・ムービー。やりたい放題の自由奔放な祖父と、結婚を控えた真面目過ぎる弁護士の孫が予測不能の珍道中を繰り広げる。共演はオーブリー・プラザ、ゾーイ・ドゥイッチ。監督は「ボラット」「ブルーノ」の脚本家、ダン・メイザー。
▽「I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー」 →「スター・ウォーズ」シリーズのエピソード4~6で“ダース・ベイダー”を演じた俳優デヴィッド・プラウズの人生に迫ったドキュメンタリー。
▽「壊れた心」 →詩人としても才能を発揮するフィリピンの鬼才ケヴィン・デ・ラ・クルス監督と、「恋する惑星」などのウォン・カーウァイ監督作品で知られる名撮影監督クリストファー・ドイルがタッグを組み、浅野忠信を主演に迎えたフィルムノワール。ほぼ台詞を用いず、圧巻の映像美と音楽で、マニラのスラム街を舞台とした男女の破滅的な愛の逃避行を描き出す。
▽「ザ・スクワッド」 →英国70年代の人気TVシリーズ「ロンドン特捜隊スウィーニー」をレイ・ウィンストン主演で映画化した「ロンドン・ヒート」を、主演にジャン・レノを迎えてフランスを舞台にリメイクしたポリス・アクション。監督は「ザ・ホード -死霊の大群-」のバンジャマン・ロシェ。
▽「ドラゴン×マッハ!」 →サモ・ハンとドニー・イェンの激突で話題となった「SPL/狼よ静かに死ね」の10年ぶりの続編にして、今度はウー・ジンとトニー・ジャーを主演に迎えて贈るクライム・アクション。共演はルイス・クー、マックス・チャン、サイモン・ヤム。監督は「アクシデント」「モーターウェイ」のソイ・チェン。
▽「人魚姫」 →「少林サッカー」のチャウ・シンチー監督が贈る痛快ファンタジー・コメディ。海を汚す人間に怒った人魚族と人間の戦いを、金が全ての青年実業家と、彼を暗殺するために一族によって送り込まれた美しき人魚のヒロインの間に芽生えた愛の行方とともにコミカルに描く。主演は「戦場のレクイエム」のダン・チャオ、共演にショウ・ルオ、キティ・チャン、ジェリー・リン。
▽「ブラック・ファイル 野心の代償」 →ジョシュ・デュアメル主演のサスペンス。巨大製薬会社の不正を暴こうとする野心家の若手弁護士が、やがて思いも寄らぬ事件の渦に巻き込まれていくさまを描く。共演はアンソニー・ホプキンス、アル・パチーノ、イ・ビョンホン。監督は、これが初メガフォンとなるシンタロウ・シモサワ。
▽「ホワイト・バレット」 →鬼才ジョニー・トーが「香港、華麗なるオフィスライフ」に続いて放つ香港ノワール。病院内という限定空間を舞台に、重傷を負った強盗犯と見張りの刑事、手術に当たる女医の駆け引きがスリリングに繰り広げられる。出演ヴィッキー・チャオ、ルイス・クー、ウォレス・チョンなど。
▽「ミューズ・アカデミー」 →「シルビアのいる街で」のホセ・ルイス・ゲリン監督が実在の大学教授を主演に迎え、ドキュメンタリー的演出を織り交ぜ描く異色ドラマ。
▽「郵便配達は二度ベルを鳴らす〈デジタル修復版〉」 →2016年に生誕110周年、没後40年のメモリアルを迎えた巨匠、ルキーノ・ヴィスコンティ監督のデビュー作。ジェームズ・M・ケインの原作を基に、人を殺めてまで一緒になった男女がたどる皮肉な運命を描く。
▽「ロスト・レジェンド 失われた棺の謎」 →3人の墓泥棒が秘宝をめぐって地下迷宮で繰り広げる大冒険をVFXを駆使して描いた中国製アドベンチャー・アクション。出演はチェン・クン、ホァン・ボー、スー・チー、アンジェラベイビー。監督は「妖魔伝 レザレクション」のウー・アールシャン。

必見の作品
▼「NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」 →「パラノーマル・アクティビティ」シリーズの第3作と4作を手掛けたヘンリー・ジューストとアリエル・シュルマンが仕掛ける戦慄のスリラー。オンラインゲームの命令に従わざるを得なくなった女子高生が予想もしない恐怖に巻き込まれていく。主演エマ・ロバーツ、共演はデイヴ・フランコ、ジュリエット・ルイス。
▼「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」 →ナチスの最重要戦犯アドルフ・アイヒマン追跡に大きな役割を果たしたドイツ人検事フリッツ・バウアーの知られざる孤高の闘いを描いた歴史サスペンス・ドラマ。主演は「パリよ、永遠に」「ヒトラー暗殺、13分の誤算」のブルクハルト・クラウスナー。監督はTVを中心に活躍するラース・クラウメ。
▼「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」 →ヴァンパイアと人狼間の種族間抗争を背景に、吸血鬼の女戦士セリーンの死闘を描いた人気アクション・ホラー「アンダーワールド」のシリーズ第5作目。監督は本作が長編デビューのアンナ・フォースター。シリーズの顔、ケイト・ベッキンセールが今回も主演を務める。
▼「The NET 網に囚われた男」 →鬼才キム・ギドク監督が、南北朝鮮の分断の狭間に迷い込んでしまった一人の男を主人公に、国家の対立に翻弄され、理不尽な運命を強いられる男の悲痛な姿を鮮烈に描いた衝撃のサスペンス・ドラマ。主演は「クライング・フィスト」のリュ・スンボム。
▼「パシフィック・ウォー」 →実話を基にしたニコラス・ケイジ主演の戦争アクション。原子爆弾の輸送という極秘任務を与えられた巡洋艦の艦長と兵士たちの壮絶なドラマを、リアリティあふれる迫力の戦闘シーンと共に描く。監督は「バッドアス!」「レッド・スカイ」のマリオ・ヴァン・ピーブルズ。共演にトム・サイズモア、トーマス・ジェーン、竹内豊など。
▼「ネオン・デーモン」 →「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督によるサスペンス・ホラー。ファッション界を舞台に、美にとり憑かれた女たちの狂気を幻想的かつスタイリッシュに描く。主演エル・ファニング、共演にクリスティナ・ヘンドリックス、ジェナ・マローン、キアヌ・リーヴス。

▽午前十時の映画祭7・・・TOHOシネマズ(2016年4月2日(土)~2017年3月24日(金) の全51週間)