今週の新作 03/25 - 03/31 

この時期にしては寒い日が続きます。
↓またしても大柏川第一調節池緑地。お散歩コースです。
kouen26.jpg

**********************************************************************

(03/25公開)
 ■仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦
      ・・・丸の内TOEI 、シネマイクスピアリ 他
 ■キングコング:髑髏島の巨神・・・丸の内ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■グッバイエレジー・・・有楽町スバル座
 ■サクラダリセット 前篇・・・TOHOシネマズ 新宿、シネマイクスピアリ 他
 ■サラエヴォの銃声・・・シネマカリテ
 ■ストロングマン・・・シネマカリテ
 ■世界でいちばん美しい村・・・東劇
 ■タレンタイム~優しい歌・・・シアター・イメージフォーラム
 ■東京ボーイズコレクション~エピソード1~ ・・・ヒューマントラストシネマ渋谷
 ■標的の島 風(かじ)かたか・・・ポレポレ東中野
 ■PとJK・・・新宿ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて・・・K's cinema
 ■まんが島・・・K's cinema
 ■未来よ こんにちは・・・ル・シネマ、千葉劇場
 ■娘よ・・・岩波ホール
 ■モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由
     ・・・YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町、千葉劇場 他
 
(03/31公開) 
 ■ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命
     ・・・TOHOシネマズ シャンテ、シネマイクスピアリ 他
 ■ムーンライト・・・TOHOシネマズ シャンテ、シネマイクスピアリ 他

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「キングコング:髑髏島の巨神」「タレンタイム~優しい歌」「サラエボの銃声」「ストロングマン」「未来よ こんにちは」「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」「ムーンライト」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「わたしは、ダニエル・ブレイク」「パッセンジャー」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「素晴らしきかな、人生」
「トリプルX:再起動」
「たかが世界の終わり」
「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」
「スノーデン」「未来を花束にして」
「ネオン・デーモン」

**********************************************************************

今週の必見は8本、思案中は1本です。
先週は0本でした。
今週の【未体験ゾーンの映画たち2017】は最終日に一本観に行く予定です。
席が取れると良いなあ。
とりあえず水曜日に「キングコング:髑髏島の巨神」を観に行きます!
その後は未定…。
シネマカリテでいろいろハシゴしたい。

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「娘よ」 →パキスタンの険しい山岳地帯を舞台に、部族の鉄の掟に背き、決死の逃避行を繰り広げる母娘の運命をスリリングに描いたヒューマン・サスペンス。監督は本作が長編デビューとなるパキスタン期待の女性監督アフィア・ナサニエル。

必見の作品
▼「キングコング:髑髏島の巨神」 →“キングコング”を壮大なスケールでリブートしたアクション・アドベンチャー大作。主演トム・ヒドルストン、共演にサミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ブリー・ラーソン、ジン・ティエン。監督はTVを中心に活躍し本作が長編2作目のジョーダン・ヴォート=ロバーツ。
▼「サラエヴォの銃声」 →「ノー・マンズ・ランド」「鉄くず拾いの物語」のダニス・タノヴィッチ監督が、サラエヴォの歴史と混迷するヨーロッパの社会情勢を背景に描く群像サスペンス。2016年のベルリン国際映画祭にて銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞。
▼「ストロングマン」 →プロデューサーとしても活躍するギリシャ期待の女性監督アティナ・ラヒル・ツァンガリが、共同脚本に「籠の中の乙女」「ロブスター」のエフティミス・フィリップを迎えて撮り上げた異色コメディ。
▼「タレンタイム~優しい歌」 →2009年7月25日、51歳という若さでこの世を去ったマレーシアの才女、ヤスミン・アフマド監督の遺作。音楽コンクールを前にどこかざわつく学園を舞台に、マレー系、インド系、中国系など、さまざまな人種が集う生徒たちの輝ける青春が鮮やかに描かれる。
▼「未来よ こんにちは」 →「あの夏の子供たち」「EDEN/エデン」のミア・ハンセン=ラヴ監督がイザベル・ユペールを主演に迎えて贈る大人の女性のドラマ。仕事にプライベートに充実した日々を送っていた50代後半のヒロインが、突然訪れた孤独の日々に戸惑いつつも、現実を前向きに受け止めてしなやかに凛々しく生きていく姿を描く。第66回ベルリン国際映画祭銀熊(監督)賞受賞作。
▼「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」 →「ミス・ブルターニュの恋」「太陽のめざめ」など監督としても高い評価を受けるエマニュエル・ベルコが主演を務め、カンヌ国際映画祭で女優賞に輝いた愛憎ドラマ。情熱的なヒロインと魅力的だけど女とお金にだらしないダメ男が繰り広げる10年間の愛憎の軌跡を赤裸々に描き出す。相手役はヴァンサン・カッセル、共演にルイ・ガレル、イジルド・ル・ベスコ。監督は「パリ警視庁:未成年保護特別部隊」のマイウェン。
▼「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」 →「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマンがジャッキーことジョン・F・ケネディ大統領夫人、ジャクリーン・ケネディを演じた伝記ドラマ。共演はピーター・サースガード、グレタ・ガーウィグ、ジョン・ハート。監督は「NO」のパブロ・ラライン。
▼「ムーンライト」 →第89回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、作品賞・脚色賞・助演男優賞の3部門を受賞したヒューマンドラマ。アイデンティティを大きなテーマに、スラムで暮らす少年の孤独や困難との闘いを通じて、人種、年齢、セクシュアリティを越えた普遍的な感情を描く。ブラッド・ピットが製作総指揮を務め、監督は長編2作目の新鋭バリー・ジェンキンズ。