今週の新作 06/03 - 06/09 

先週は帰省していたので一週抜けました。
気になる映画や必見の映画がたくさん!
↓近所の夕暮れ。
miti1.jpg

**********************************************************************

(06/03公開)
 ■生きとし生けるもの・・・角川シネマ新宿
 ■海辺のリア・・・テアトル新宿、TOHOシネマズ ららぽーと船橋 他
 ■劇場版 屍囚獄 起ノ篇・・・シネマート新宿
 ■ザ・ダンサー・・・新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座 他
 ■《シネマ歌舞伎》東海道中膝栗毛〈やじきた〉
       ・・・東劇、シネマイクスピアリ 他
 ■女流闘牌伝 aki-アキ- ・・・シネマート新宿
 ■素敵な遺産相続・・・YEBISU GARDEN CINEMA
 ■ダブルミンツ・・・シネ・リーブル池袋、ユナイテッド・シネマ豊洲 他
 ■20センチュリー・ウーマン・・・丸の内ピカデリー、シネマイクスピアリ 他
 ■トモダチゲーム 劇場版・・・シネ・リーブル池袋、イオンシネマ幕張新都心 他
 ■花戦さ・・・丸の内TOEI 、シネマイクスピアリ 他
 ■光と血・・・新宿武蔵野館
 ■ブラッド・ファーザー・・・新宿武蔵野館、T・ジョイ蘇我 他
 ■ボブ・ディラン/我が道は変る ~1961-1965 フォークの時代~
       ・・・新宿バルト9
 ■武曲 MUKOKU・・・新宿武蔵野館、ユナイテッド・シネマ豊洲 他
 ■ラプチャー 破裂・・・ヒューマントラストシネマ渋谷、千葉劇場
 ■ローマ法王になる日まで
      ・・・ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマカリテ、千葉劇場 他
 ■笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ
      ・・・東京都写真美術館ホール、ヒューマントラストシネマ有楽町 他

(06/09公開)
 ■怪物はささやく・・・TOHOシネマズ みゆき座、渋谷シネパレス 他
 ■パトリオット・デイ・・・TOHOシネマズ スカラ座、シネマイクスピアリ 他

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「20センチュリー・ウーマン」「ブラッド・ファーザー」「ラプチャー 破裂」「パトリオット・デイ」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「ゴールド/金塊の行方」「LOGAN/ローガン」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「オリーブの樹は呼んでいる」「光をくれた人」
「フリー・ファイヤー」「カフェ・ソサエティ」
「T2 トレインスポッティング」「マイ ビューティフル ガーデン」
「タレンタイム~優しい歌」「未来よ こんにちは」「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」
「わたしは、ダニエル・ブレイク」

**********************************************************************

今週の必見は4本、思案中は7本です。
先々週は2本、先週は1本でした。
今週は観たい映画がたくさん!
どれも気になる映画ばかり、困りました。
水曜日は「光をくれた人」のチケットを取りました。
後はぼちぼちと観に行くとします。

観たいけど観に行けそうにない作品
▽「生きとし生けるもの」 →旭山動物園のポスター写真などを長年手掛けてきた北海道在住の写真家、今津秀邦が監督を務めたネイチャー・ドキュメンタリー。北海道の雄大な自然の中で生きるさまざまな動物たちの姿が記録されている。津川雅彦がナレーションを担当。
▽「ザ・ダンサー」 →モダンダンスの祖と言われるアメリカ人女性ロイ・フラーの伝記映画。ミュージシャンのソーコがロイに扮し、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘リリー=ローズ・デップが共演。
▽「素敵な遺産相続」 →シャーリー・マクレーンとジェシカ・ラングの2大アカデミー賞女優の共演による、ユーモラスなヒューマンドラマ。
▽「花戦さ」 →華道家元池坊の初代・池坊専好の伝説に着想を得た鬼塚忠の小説「花いくさ」を基に、野村萬斎を主演に迎えて贈る時代劇エンタテインメント。豊臣秀吉役で市川猿之助、千利休役で佐藤浩市が共演する。監督は「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄。
▽「ボブ・ディラン/我が道は変る ~1961-1965 フォークの時代~ 」 →ノーベル文学賞を受賞したシンガーソングライター、ボブ・ディランのドキュメンタリー。キャリア初期、1960年代前半のフォークソング時代にスポットを当てた作品で、エリック・アンダースン、マリア・マルダーら同世代を生きた同志的なアーティストや評論家らが出演。
▽「ローマ法王になる日まで」 →2013年3月13日、第266代ローマ法王に就任したフランシスコ。アルゼンチン生まれで、法王史上初めてのアメリカ大陸出身者にして、その飾らない人となりと、常に貧しい人々に寄り添う活動で民衆から絶大な人気を誇る。そんな新法王の知られざる激動の半生を映画化した伝記ドラマ。主演は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のロドリゴ・デ・ラ・セルナ。監督は「我らの生活」のダニエーレ・ルケッティ。
▽「怪物はささやく」 →47歳でこの世を去ったシヴォーン・ダウドが遺したアイディアをパトリック・ネスが引き継ぎ完成させた同名ベストセラー児童文学を、「永遠のこどもたち」「インポッシブル」のJ・A・バヨナ監督が映画化した喪失と再生のダーク・ファンタジー。主演はイギリスの新星ルイス・マクドゥーガル、共演にフェリシティ・ジョーンズ、シガーニー・ウィーヴァー。またリーアム・ニーソンが怪物の声とモーションキャプチャーを担当。

必見の作品
▼「20センチュリー・ウーマン」 →「人生はビギナーズ」のマイク・ミルズ監督が自身の母親をテーマに描いた半自伝的ドラマ。主演は母親役にアネット・ベニング、その息子をルーカス・ジェイド・ズマン。共演にグレタ・ガーウィグ、エル・ファニング、ビリー・クラダップ。
▼「ブラッド・ファーザー」 →メル・ギブソンが、麻薬カルテルのいざこざに巻き込まれ逃亡中の娘を救うため、手段を選ばず戦う前科者の父親を演じるバイオレンス・アクション。共演はエリン・モリアーティ、ディエゴ・ルナ、ウィリアム・H・メイシー。監督は「アサルト13 要塞警察」のジャン=フランソワ・リシェ。
▼「ラプチャー 破裂」 →突然何者かに拉致されたシングルマザーが、謎の研究施設に監禁され、恐怖の人体実験の餌食となるさまをミステリアスに描くサスペンス・スリラー。主演はノオミ・ラパス。共演にピーター・ストーメア、レスリー・マンヴィル、マイケル・チクリス。監督は「セクレタリー」「毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト」のスティーヴン・シャインバーグ。
▼「パトリオット・デイ」 →全米に衝撃が走った2013年のボストンマラソンでの爆弾テロ事件を「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」のピーター・バーグ監督、マーク・ウォールバーグ主演コンビで映画化した実録ドラマ。共演はジョン・グッドマン、ケヴィン・ベーコン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハン。