今週の新作 2/27 - 2/28 

観たい新作がたくさん!

**********************************************************************

(2/27公開)
 ■ニューヨーク、アイラブユー・・・シネマイクスピアリ 他
 ■しあわせの隠れ場所・・・シネマイクスピアリ 他
 ■猿ロック THE MOVIE・・・シネマイクスピアリ 他
 ■渇き・・・ヒューマントラストシネマ有楽町 他
 ■すべて彼女のために・・・ヒューマントラストシネマ有楽町
 ■バッド・ルーテナント・・・恵比寿ガーデンシネマ 他
 ■しかし それだけではない 加藤周一幽霊と語る・・・シネマ・アンジェリカ
 ■月と嘘と殺人・・・シネマート六本木
 ■超劇場版ケロロ軍曹 誕生!究極ケロロ 奇跡の時空島であります!!
                 ・・・ワーナー・マイカル・シネマズ 他
 ■悲しみよりもっと悲しい物語・・・シネマート六本木 他
 ■後ろから前から・・・ユーロスペース(=レイト)
 ■ロックアウト・・・シネマート六本木(=レイト)
 ■人の砂漠・・・新宿バルト9

(2/28公開)
 ■Lost & Found・・・シネマート六本木(=レイト)

**********************************************************************

■絶対観るの(今週公開)
「ニューヨーク、アイラブユー」「しあわせの隠れ場所」「渇き」「すべて彼女のために」「バッド・ルーテナント」

■絶対観るの・気になっているもの(先週逃した分)
「台北に舞う雪」「海の沈黙 <デジタルリマスター版> 」「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」

■気になっているもの(今週公開)
----------

■気になっているもの(時間があれば観に行きたい)
「コララインとボタンの魔女 3D」「恋するベーカリー」「処刑山 -デッド・スノウ- 」
「新しい人生のはじめかた」「サベイランス」
「50歳の恋愛白書」
「ユキとニナ」
「サロゲート」「オーシャンズ」
「(500)日のサマー」
「ヴィクトリア女王 世紀の愛」
「牛の鈴音」
「ジュリー&ジュリア」

**********************************************************************

今週の必見は5本、思案中は0本です。
うわーー、必見の5本はどれも外せないものばかり。
「ニューヨーク、アイラブユー」と「しあわせの隠れ場所」は近くのシネコンなのでひょいと観に行けるので何時でも良いのですが・・・
まずは遠い方の恵比寿から。
日を置いて有楽町に行きたいと思いまっす。

▼「ニューヨーク、アイラブユー」 →「パリ、ジュテーム」のプロデューサー、エマニュエル・ベンビイによる同様の企画の第2弾。世界各国の一流監督に本作が初メガフォンとなる女優のナタリー・ポートマンを加えた10人の監督がニューヨークを舞台に10編の物語のオムニバス形式で綴り、それに11人目の監督ランディ・バルスマイヤーが更なる物語で繋ぎ1本の群像劇のスタイルに仕上げた映画。必見!それぞれの監督の持ち味が楽しみデス~♪
▼「しあわせの隠れ場所」 →実在のプロ・アメフト選手、マイケル・オアー感動の実話を映画化。原作はマイケル・ルイスのベストセラー・ノンフィクション「ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟」主演サンドラ・ブロック、共演にティム・マッグロウ、クィントン・アーロン。アカデミー賞にノミネートされた作品なので是非観ておきたいです。
▼「渇き」 →鬼才パク・チャヌク監督が描く異色ののラブ・ストーリー。主演ソン・ガンホ。これも問答無用、すっ飛びで観に行きます!「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」のように後に引くものがあるでせうか、楽しみッス。
▼「すべて彼女のために」 →無実の罪で投獄された妻と彼女の無実を信じる夫、夫婦の愛を描いたスリリングなサスペンス・ドラマ。ポール・ハギス監督によるハリウッド・リメイクも決定。主演ヴァンサン・ランドン、ダイアン・クルーガー。こちらも必見。翌週になるかもですが、是非観ておきたい一品。ハリウッド・リメイクと比較してみたいし。
▼「バッド・ルーテナント」 →1992年に製作された「バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト」のリメイク。ヴェルナー・ヘルツォーク監督、ニコラス・ケイジ主演。これは監督&主演共々必見であります。すっ飛んで観に行きます!

▼チェックしている特別上映
▽タルコフスキー映画祭2010・・・シアター・イメージフォーラム
▽映画史上の名作3・・・シネマヴェーラ渋谷